「とんでもないファイターだ」メイウェザーが井上尚弥を称賛! フルトン撃破に「俺たちと同じ土俵で戦うべき」と要求

写真拡大 (全2枚)

同胞フルトンを打ち破った井上(左)を称えたメイウェザー(右)。彼が“モンスター”に突き付けた要求とは?(C)Getty Images

「イノウエがPFPでクロフォードより上とは言えない」

 規格外の強さを見せる“モンスター”に、50戦無敗を誇ったカリスマも興味津々といった様子だ。現地8月8日に米ボクシング専門メディア『Fight Hype』のYouTubeチャンネルで、元世界5階級王者のフロイド・メイウェザー(米国)が、4階級制覇をやってのけた井上尚弥(大橋)について語った。

【動画】メイウェザーも熱視線! 井上尚弥がフルトンを破った衝撃のKOシーンをチェック

 去る7月25日に東京・有明アリーナで行われたボクシングの世界スーパーバンタム級タイトルマッチで、井上は21戦無敗を誇った王者スティーブン・フルトン(米国)を8TKOで撃破。圧倒的な強さを見せつけ、世界的な声価を高めていた。

 まさしく世界が熱視線を送ったビッグマッチで、異能ぶりを発揮した井上。当然、その名はメイウェザーの耳にも届いている。『Fight Hype』の取材を受けた46歳のレジェンドは「彼はクールボーイ・ステフ(フルトンの愛称)とやって勝利を収めた。でも、クールボーイステフはパンチがない選手だからね。良いボクサーだけど」と指摘。さらに井上についての持論を語った。

「イノウエはたしかフィリピン人の選手と2回やっているよね? ドネアだ。初戦で彼はイノウエを苦しめた。それでこれは俺の勘違いじゃなければ、ドネアはあの時にはもう40歳近かったはずだ。でも、イノウエは20代だった。その年齢差を考えれば、彼は初戦でドネアをKOすべきだったと思う」

 井上が2度にわたって繰り広げたドネアとの激戦を振り返ったメイウェザーは、「たしかにイノウエはとんでもないファイターだと思う」とも断言。そして、巷で話題となったPFP(パウンド・フォー・パウンド)に触れつつ、メガマッチを期待した。

「俺が思うにイノウエがPFPでクロフォードより上とは言えない。それはない。俺はどんな時も同胞の味方だ。『イノウエはあれをやったぞ』とか『彼はこれをした』とは言われても、『おお、そうかいいね』としか思わないよ。

 俺がイノウエに求めるのは、アメリカにきて俺たちと同じ土俵で戦うべきだということだな。ランダムの尿テストや採血テストを受けたうえで、こっちでやってほしい。もちろん俺は彼が好きさ。悪く言うつもりはない。俺の技術を学んでいるところもあるから好きなんだ。だからこそ、ガーボンダ(・デイビス)と契約体重で戦えるのかが見てみたい。凄まじい試合になるぜ」

 フルトン戦後に世間で話題となった現WBA世界ライト級レギュラー王者との対戦も口にしたメイウェザー。彼にとっても井上の存在はより大きなものになっているようだ。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]