慶應義塾大が東京歯科大合併で歯学部よりも「欲しかったもの」

写真拡大 (全2枚)

慶應義塾大学と東京歯科大学の合併に向けて協議を始めた。合併が順調に進めば、2023年4月にも「慶應義塾大学歯学部」が誕生するという。少子化と新型コロナウイルス禍で大学の経営環境は激変し、こうした連携・統合の動きは他大学に波及し、大学の生き残り策が模索されていく可能性がある。今回の慶應義塾大と東京歯科大学の統合を医師はどう見たのか。現在、連載中の「フリーランス女医が鋭く分析『医者の働き方、稼ぎ方』」の著者の筒井冨美氏が緊急レポートする。

2023年、慶應義塾大学「歯学部」誕生の意味

2020年11月末、「慶應義塾大と東京歯科大は合併協議を始め、2023年度をめどに歯学部を統合」とのニュースが発表された。慶應義塾大学には既に医学部と看護医療学部が存在し、2008年には共立薬科大学と合併して薬学部を設けている。今回の合併で歯学部を追加することで、医療系学部の総合的な研究や教育の推進が期待されている。

慶應大以外の医療系大学の合併としては、2011年に上智大学が同じくカトリック系の看護大学であった聖母大学と合併し、総合人間科学部看護学科を設けた。開設にあたって「国際看護学コース」を新設するなど、看護大の伝統に加えて上智らしい国際性も追加されたカリキュラム編成となっている。また2016年には大阪医科大学と大阪薬科大学の合併が発表され、21年度から大阪医科薬科大学が発足する予定である。

慶應義塾大学と東京歯科大学が合併協議していることが明らかになった。(※写真はイメージです/PIXTA)

医療業界に属する者として、薬学部開設時より「次は歯学部を物色している」との噂はあったので「歯科大合併」のニュースそのものは驚かなかった。「歯科クリニック増えすぎ」「歯医者のワープワ化」などの報道を受けて私立歯学部の人気は低迷傾向にあり、「6年で歯科医師になれる確率は3割以下」「学費さえ払えば誰でも入れる定員割れFラン校」のような経営困難な歯科大は複数あり、そのいずれかが吸収合併されるのだろう……と予想していたのだ。

「相手が東京歯科大」は個人的には想定外だった。私立歯科大の中では入試偏差値は常にトップクラスであり、2020年の歯科医師国家試験合格率は国公立を含んだ中で全国1位だった。ゆえに、「身売りするほど困っている」ようには思えなかったのだ。

順天堂病院の躍進、慶應病院の凋落とは

ここ10年間、東京都内の大学病院の序列を語るならば順天堂大学の躍進が筆頭に挙げられる。2008年には学費を大幅値下げすることで都内サラリーマン家庭からの進学を可能にして偏差値を上昇させた。また、「上皇陛下の心臓手術を担当した天野篤教授(日本大学卒)」など、学閥にとらわれず優秀な医師をスカウトすることで若手医師の人気を集め、附属病院のブランド力も確立した。

一方、かつての慶應大医学部は「私立医大で学費最安」でもあり人気の一因だったが、リーマンショック不況を受けて2009年に学費を値上げし、他医大の相次ぐ学費値下げによって最安値ではなくなった。その後も、私立医大偏差値トップの座は保ってはいるものの、今なお慶應大出身者を優先する附属病院の風潮は昨今の若手医師に敬遠され、「慶應病院の凋落」などと週刊誌などで報じられることも多くなった。

昭和時代には、解離性大動脈瘤で緊急入院した石原裕次郎氏など、数多の要人が慶應病院で手術を受けていたが、2006年の王貞治監督の胃がん手術あたりを最後に「慶應病院でVIPが手術」のニュースは見かけなくなったように思う。

順天堂・慈恵・日本医大にあって、慶應にないもの

東京都でブランド力のある私立医大付属病院といえば順天堂大学・東京慈恵会医科大学・日本医科大学などが挙げられるが、順天堂大は東京都文京区の本院の他に、都内に2カ所・埼玉・千葉・静岡に各1カ所の分院を有している。慈恵医大は都内3カ所・千葉1カ所、日本医大は都内・神奈川・千葉に各1カ所の分院が存在する。一方、慶應大は東京都新宿区の慶應病院のみが附属病院である。

筒井冨美著『フリーランス女医は見た医師の稼ぎ方』(光文社新書)

昨今の私立医大の運営を考える上で、本院のみならず分院を設けて医療不足地域にチェーン展開することで収益を上げることは重要な経営戦略である。また、大学病院が1つならば「眼科主任教授」のポストは1つとなり、「凄腕医師なのに同期が教授になったら泣く泣く外部の病院に転職」となりがちだが、複数の附属病院があると「分院で教授ポストを斡旋」のような人事戦略も可能になる。

また、2018年度から新専門医制度が開始された。医師国家試験合格後に2年間の総合研修を受けた若手医師は、「内科」「眼科」「精神科」などの専攻コースを選んで3〜5年間の専門研修を受けることになる。また、この制度は「医師偏在の解消」を目的の1つにしており、「東京都内での専門研修」については「○×医大付属病院の眼科新規採用は最大5名まで」などと厳しいシーリング(定員上限)が定められるようになった。

そこで東京都外に分院を持つ大学病院は、シーリングに漏れた研修希望者を千葉県などの分院で採用することで新規採用者数を確保するようになったが、東京都内しか附属病院のない大学病院は新人採用に大苦戦するようになった。

千葉県市川市に第二慶應病院誕生でV字回復なるか

東京歯科大は歯科大としては珍しく、東京歯科大学市川総合病院という心臓外科や産科なども含んだ総合病院を千葉県市川市に所有している。同病院は勤務医は慶應卒医師が多く、慶應義塾大学関連病院会にも名を連ねている。今回の合併案は、この市川総合病院の関係者が縁を取り持った可能性も高い。

2023年度から東京歯科大学市川総合病院は慶應病院の分院となると思われる。市川総合病院の部長クラスの医師たちは今のところ「東京歯科大×○科教授」などという肩書を与えられているが、これはそのまま「慶應大教授」に更新されるだろう。「慶應大教授」の肩書ならば有能医師のスカウトも容易になるし、スター医師を招聘できれば若手医師も自然に集まるだろう。千葉県市川市ならば交通の便は東京23区に準じるが、専攻医シーリングとしては千葉県扱いなので採用上限数は厳しくない。

今回の合併で慶應大に変革をもたらすのは、歯学部そのものよりも市川総合病院改め“第二慶應病院”なのかもしれない。

筒井冨美
フリーランス医師