東京・秋葉原の「メイドカフェ」で、メイドら従業員12人が新型コロナウイルスに感染していたことが7月8日までに明らかになった。千代田保健所(東京都)などは、店舗内の休憩室や事務室などで感染が広がったとみているという。

【画像】新型コロナの感染が広がる中、秋葉原で客に声を掛けるメイドたち

「文春オンライン」では3月の段階で、秋葉原のメイドカフェの新型コロナウイルス対策の実態について報じていた。今回の感染拡大を受けて、記事を再公開する。(初出2020年3月6日)

◆◆◆

 オタクの聖地、東京・秋葉原。その中心部にある中央通りの路地裏には、たくさんのメイドやコスプレ少女がビラ巻きや客引きをする通称「メイド通り」がある。

 新型コロナウイルスの感染拡大が伝えられた3月上旬も寒空の下、メイドの少女たちは暖かそうには見えないメイド服姿で、客となる“ご主人様”に声をかけていた。


©文藝春秋

 秋葉原文化の象徴「メイドカフェ」は、観光スポットとしても、外国人観光客、なかでも中国人に人気がある。新型コロナの感染拡大で中国人観光客が激減しているが、どんな影響を受けているのか。

「高校休校」で急遽出勤するメイドのために

 小さな古い雑居ビル内にあるメイドカフェ「A」。店内に足を踏み入れると、5、6人の客がテーブルに散らばり、メイドが接客中だった。

 部屋の片隅のテーブルには、30代くらいの男性客2人の相手をするメイドの姿があった。客の男性らはメイドと「黒ひげ危機一発」などのゲームを楽しみながら、生クリームをふんだんにつかったカラフルなスイーツを食し、ドリンクを飲んでくつろいでいた。

「現実を忘れさせてくれる、この店の空気が好きなんです」と満足げに話すのは、常連客の一人。店を一歩出れば、街を行く人々はみなマスク姿だが、ここではメイドも常連客もマスクをしていない。

 いつもはどんな質問にも笑顔で答えるメイドも、客足について話が及ぶと、目は決して笑っていなかった。

「常連さんは変わらず来てくれていますが、やっぱり初めて来るお客さんは減っていますね」

 10年以上店を構え行列ができる老舗メイドカフェ「B」で働くメイドに聞いても、2月の売り上げについて打ち明けながら肩を落とした。

「これまで外国人観光客が大半でした。それこそ中国のお客さんが外国人の半分を占めていたけど、2週間前からピタリと止まりました。最近の頼りは常連のお客さん。それでなんとか保っている。

 秋葉原のメイドカフェって、ディズニーランド帰りのお客さん、それに東京ドームで野球観戦した帰りのお客さんがよく流れて来てくれるんです。でも、いまはディズニーランドも休園だし、野球も無観客試合なので困りました」

 メイドたちの期待を背負った常連客は、記者に次のように語った。

「推しのメイドがツイッターで、『店が暇だ』とつぶやいていたので来てしまいました。最近は客が減って、多いときの3分の1くらいになっている。その分、自分が(メイドを)養うつもりで頑張って通ってます。だからシャンパンいれたり、ドリンクおごったり……毎回1万円くらいは使ってます」(メイドバー「C」常連客・30代男性)

 別の常連客は、お気に入りのメイドが通う高校が新型コロナの感染拡大防止策で休校になり急遽出勤したため、無理を押して来店したという。

「推しの高校生のメイドさんが学校休みになったと聞いて遊びに来ました。『新規のお客がひけなくて6時間外にいる』って泣きつかれて……。かわいそうだなって思うので、しばらくは通おうと思います。本当は、昨日も仕事で徹夜だったから早く帰りたいんだけど(笑)」(コスプレカフェ「D」常連客・20代男性)

「ここは魔法がかかってるから空気は綺麗」

 政府の専門家会議は3月2日、10代〜30代の若者に対して、ライブハウス、カラオケボックス、自宅での飲み会など「閉鎖された人が密集する場所」を避けるよう求めた。

 メイドカフェの多くは、決して広くない雑居ビルの一室で営業されている。メイドはテーブルでゲームやクジ引きをしながら、手を握るなど直接の接触は原則ないが、客とできるだけ距離を詰めてコミュニケーションをとるのが仕事だ。

 ひとたび「ライブ」が店内で始まれば、部屋の照明が落とされ、常連客はペンライトを振りながら踊り、お目当てのメイドにコールを送る。歌うメイドたちは、客の一人一人にマイクを向けながら会場を盛り上げる。ライブハウスさながらの光景が繰り広げられる。

 先述の通り、メイドはマスクもしておらず、客もマスクをしていない人が多い。それにはメイドカフェ特有の事情がある。メイドカフェ「A」の20代のメイドが打ち明ける。

「マスクをしたいけど、そうすると表情を見せられないから仕方ないですよ。お客さんだって好きな子に会いに来るのに、その子がマスクしていたら嫌じゃないですか。お客さんの方も、デザートを食べたり、ドリンクを飲んだりするからマスクしている訳にもいかない。

 ちなみにこの店では、店長が『ここは魔法がかかって、2次元の空気の綺麗な世界だから大丈夫』って言ってます(笑)。私は正直なところ怖いな、というのが本音です。毎回、お店の裏でゴシゴシ手を洗ってます」

 それでも、メイドカフェらしい独自の取り組みをする店舗もある。

「ウチの店では入店前に、『3次元の世界から2次元の世界に行く“おまじない”だよ』って言って、消毒用のアルコールを『魔法のお薬』としてお客さんの手に吹きかけています。あとは何もできないです。“濃厚接触”を避けろと言われても、我々はメイドなので頼まれたことをやらないと……」(メイドカフェ「B」・20代メイド)

「体調が悪そうな人には声を掛けない」

 一方で、熱心に“ご主人様”をもてなしていたメイドからは、こんな声も聞こえてきた。

「換気扇をつけてるし、空気清浄機もあるし大丈夫だと思う。あとは、お散歩(客引き)で明らかに体調が悪そうな人には声を掛けないようにしています。テレビとか見ないし、正直コロナのことわかんない……どこまでヤバイの?」(メイドカフェ「C」・10代メイド)

 メイドの少女たちを束ねる「C」のオーナーにも話を聞いた。

「メイドやお客にマスクをさせたり、サービスを抑えたらお客が来なくなります。どうしたものか、っていうのが本音です。大手の老舗店をみながら、『ここまでならまだ、やってもいいのかな?』って感じで足並みを揃えています。もちろん、お上がダメだっていったら逆らってまでしません。それまでは、我々もメイドたちも生活がありますし、店が潰れても誰も補償はしてくれないから、そのまま営業を続けるしかないんですよ」

 メイドカフェからクラスターが発生しないことを祈りたい。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))