イビサ島で1800万円浪費、キャサリン妃を面罵……英メーガン妃の悪女伝説

写真拡大

〈王室の主要メンバーから退き、経済的に自立する〉

 1月8日、ヘンリー王子とメーガン妃がインスタグラムで発表した「王室離脱」。“首謀者”と見られているのはメーガン妃だ。


「現代のマリー・アントワネット」の異名も

◆ ◆ ◆

王族の地位と特権は手放さず、王室を利用?

 同日、夫妻は「サセックスロイヤル」というホームページを立ち上げ、“離脱”を宣言。英王室を揺るがす事態となっている。

「サセックス」とはヘンリー夫妻の公爵位だが、サイトの説明文によると、「王室離脱」とは、〈エリザベス女王を支えていく〉とした上で、「収入の5%に当たる王室費を返上し、自ら収入を得る」、「バランスをとりながらイギリスと北米で過ごす」、「王室の記者クラブではなく自身でメディアを選ぶ」と主張している。

 英在住ジャーナリスト、木村正人氏が解説する。

「英国内世論は、夫妻に否定的。王族の地位と特権は手放さず、王室を利用している印象を持たれているからです。夫妻の収入のうち95%にあたる200万ポンド(約2億8600万円)はチャールズ皇太子の公領の不動産収入などですが、それは手放さない。住居も240万ポンド(3億4300万円)かけて改装したウィンザー城領内にあるフロッグモア・コテージに住み、爵位も持ったままです。さらに爵位であるサセックスをブランド化し、『サセックスロイヤル』として洋服や書籍、新聞などを商標登録しています」

 批判の矛先は、首謀者とされるメーガン妃に向けられている。1月13日には、緊急の家族会議を開き、エリザベス女王が声明を発表したものの、経済面などの課題は残されたままだ。

 メーガン妃の“悪女”ぶりは今に始まったことではない。婚約当初から、次々とスキャンダルが報じられてきた。

キャサリン妃を泣かせるお騒がせセレブ

「中でも大きかったのが、家族との確執でしょう。現在、彼女と関係を保っているのが母親だけで、他の親族とは絶縁状態にあります。結婚式にも母親しか参列していませんが、自己破産した父親は、昨年2月、メーガンから届いた『マスコミと話さないで』といった内容の直筆の手紙を公開している。姉は『メーガンは父に冷たい』などとテレビで語り、暴露本まで執筆しています」(現地記者)

 メーガン妃はアメリカの元女優だけあって、分かりやすいセレブ生活を好む。

「昨年8月、スペインのイビサ島を訪れた際、プライベートジェットを使い、高級ヴィラに宿泊し、6日間で計12万8000ポンド(1800万円)も浪費。また、ニューヨークの高級ホテルで行ったベビーシャワーでもプライベートジェットで往復し、計30万ポンド(4300万円)かかった。口では環境保護、チャリティの重要性を説きますが、成金趣味以外の何物でもない」(同前)

 王室も、彼女の処遇に手を焼いていた。

「結婚式の衣装合わせで、メーガンが、キャサリン妃を面罵し、彼女を泣かせていたと報じられました。2人の不仲は度々報じられ、夫妻が“王室離脱”を発表した翌日がキャサリン妃の誕生日だったことも、様々な憶測を呼びました」(同前)

 英王室に詳しいウィリアム・ハンソン氏はこう語る。

「問題の大半は、彼らがいいとこ取りをしようと考えていること。もう1つは他の王族への伝え方。エリザベス女王やチャールズ皇太子にも伝えていませんでしたが、メディアで公開する前にきちんと説明するべきでした」

 今後もお騒がせセレブとして世界を席巻するだろう。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年1月23日号)