好きな野菜 トマト首位 健康志向で11年連続 タキイ種苗調査

写真拡大

 8月31日「野菜の日」を前にタキイ種苗が行った調査で、11年連続で大人の好きな野菜のトップに「トマト」が選ばれた。品種改良による食味の向上や健康志向、時短ニーズの高まりなどに合致し、評価された。一方、4割が嫌いな野菜はないと回答し、昨年調査よりも割合が増えた。

 消費者の野菜に対するイメージなどを探るため、全国の20歳以上の男女(農業従事者を除く)600人に質問。インターネットで7月にアンケート調査をした。

 好きな野菜を複数回答で尋ねたところ、68%がトマト選んだ。昨年の調査より2ポイント増えた。高糖度の品種が増えていることや、リコペンやカロテンなどの機能性成分を多く含み、消費者の健康志向に合致したことなどが人気の理由とみられる。

 時短料理の食材としても人気だ。子どもがいる世帯(455人)に料理をする時間が少ないときに使う野菜を聞いたところ、52%がトマトと回答し、1位となった。生食でも、煮ても焼いても食べられるといった用途の幅広さが時短メニューとして評価された。

 嫌いな野菜では、トップのセロリが24%(昨年比3ポイント減)、2位のゴーヤが20%(8ポイント減)と、いずれも割合が減った。「嫌いな野菜は特にない」との回答は38%(6ポイント増)で、野菜への苦手意識が薄れてきたことも分かった。