米ウィスコンシン州マディソンの日本食レストランの焼け跡。米アルコール・たばこ・銃器取締局提供(撮影日不明)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米国の日本食レストランで風変わりな火災が相次ぎ、珍しい原因が指摘されている。消防当局によると、火元となったのは天ぷらを揚げるときに生じる「天かす」で、扱いを間違えると自然発火するという。

 ウィスコンシン州マディソン(Madison)市の消防当局は、市内の日本食レストランで今年発生した火災2件について、料理人が小麦粉を油で揚げて天かすを作った後、それを冷ますために放置したことが原因だったとしている。

 同局は安全に関する告知の中で、「大豆油やキャノーラ油をはじめとする食用油は、特定の条件下で自己発熱する性質で知られている」「天かすは調理の過程で加熱された後、冷ましながら余分な油を落とすためにボウルやざるの中に入れられるので、熱を逃がしにくくなる。こうした状態が火災が起きる環境を生み出すことがある」と説明した。

 マディソンの火災では、2件合わせて少なくとも57万5000ドル(約6230万円)の損害が発生した。また、捜査関係者らは天かすについて、分かっているだけで少なくともあと5件の火災の原因となったと明らかにしている。

 消防当局はさらなる火災を未然に防ぐため、天かすは天板などの平面に広げ、火が付かないようにしてほしいと呼び掛けている。

【翻訳編集】AFPBB News