映画『スケート・キッチン』NYのガールズスケーターの“いま”を描く青春物語

写真拡大

映画『スケート・キッチン』が、2019年5月10日(金)より渋谷シネクイントほかにてロードショー。

ミュウミュウ短編フィルムから生まれた新スケボー映画

映画『スケート・キッチン』は、ミュウミュウ(MIU MIU)が始めたショートフィルムプロジェクト「MIU MIU WOMEN’S TALES (女性たちの物語)」を元に生まれた作品だ。国際的に活躍する女性映画監督が短編フィルムを手掛けるこのプロジェクトには、ダコタ・ファニングやアニエス・ヴェルダ、また日本からは河鹹照が参加。映画『スケート・キッチン』は、その中の1本、クリスタル・モーゼルが監督した『THAT ONE DAY』が起点となっている。

NYの“いま”を走り抜けるガールズスケーター

登場するのは、ニューヨーク・マンハッタンで“いま”をスタイリッシュに走り抜ける女の子のスケーターたち。様々な人種的バックブラウンドをもった少女たちに出会うことで、17歳の主人公が成長していく青春物語が描かれる。

17歳内気なカミーユの成長物語

ニューヨークの郊外に住むカミーユは17歳。スケートボードに熱中している内気な女の子だ。怪我が原因で母親からスケートをやめるように言われるも、カミーユの心はスケートボードに釘付け。

そんなある日「スケート・キッチン」と呼ばれる女の子たちだけのスケートクルーを知る。その出会いがカミーユの生活に変化をもたらし、どんどんスケートにのめり込んでいくことに…。仲間意識や自己発見の大切さ、「スケート・キッチン」との出会いは、カミーユを成長させてくれる。

そしてもちろん恋も。謎のスケートボーダー男子との関係は、スケボーのトリックを決めることよりも難しいことだった…。

映画『スケート・キッチン』は、1995年公開の映画『キッズ(KIDS)』を彷彿とさせる。ガールズスケーターたちの友情と絆、そしてニューヨークのスケートシーンの現実がリアルに切り取られる。

【作品情報】

映画『スケート・キッチン』
公開日:2019年5月10日(金)より渋谷シネクイントほかにてロードショー
監督:クリスタル・モーゼル
主演:スケート・キッチン


[写真付きで読む]映画『スケート・キッチン』NYのガールズスケーターの“いま”を描く青春物語

外部サイト

  • 映画『COLD WAR あの歌、2つの心』冷戦で引き裂かれた恋人達のラブストーリー
  • 映画『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』平野紫耀×橋本環奈が描く学園ラブコメディ
  • 映画『ガラスの城の約束』主演ブリー・ラーソン、ホームレスの両親に育てられた女性の自叙伝を映画化