本屋大賞を受賞した瀬尾まいこ氏「不幸ではない子を主人公に」

ざっくり言うと

  • 瀬尾まいこ氏が本屋大賞受賞作「そして、バトンは渡された」について語った
  • 実の母親を亡くして以来、7回も家族の形態が変わる女性が主人公の本作
  • 執筆にあたり、愛されて育った不幸ではない子を主人公にしようと考えたそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング