森保ジャパンは首位通過を懸け、グループリーグ最終戦に臨む

写真拡大

 アジアカップは17日、グループFの第3節を行い、日本代表はアルアインのシェイク・ハリファ国際スタジアムでウズベキスタン代表と対戦する。現地時間午後5時半(日本時間午後10時半)のキックオフに先立ってスターティングメンバーが発表され、13日のオマーン戦(○1-0)からは先発10人を入れ替えた。

 すでに2連勝で決勝トーナメント進出を決めているチーム同士の対戦。日本は勝てば首位通過となるが、引き分け以下の場合は2位通過となり、21日の決勝トーナメント1回戦でオーストラリア代表と対戦する。首位通過の場合、決勝トーナメント1回戦の相手はサウジアラビアかカタールになる。

 オマーン戦に続いて先発するのはFW北川航也のみ。DF槙野智章は9日のトルクメニスタン戦(○3-2)以来、2試合ぶりのスタメンで、残る9人は今大会初先発となる。

 GKはシュミット・ダニエルで、4バックは右からDF室屋成、DF三浦弦太、槙野、DF佐々木翔と並ぶ。中盤はMF青山敏弘とDF塩谷司がダブルボランチを組むことになりそうだ。右にMF伊東純也、左にMF乾貴士。前線ではFW武藤嘉紀1トップに入り、トップ下の北川と縦関係を組む見通しだ。

 最新のFIFAランキングでは日本の50位に対し、ウズベキスタンは95位。過去の対戦成績は日本の6勝3分1敗で、直近では15年3月31日の国際親善試合(味スタ)で対戦し、日本が5-1で勝っている。

<出場メンバー>

[日本代表]

先発

GK 23 シュミット・ダニエル

DF 2 三浦弦太

DF 3 室屋成

DF 4 佐々木翔

DF 18 塩谷司

DF 20 槙野智章

MF 10 乾貴士

MF 14 伊東純也

MF 17 青山敏弘(Cap)

FW 11 北川航也

FW 13 武藤嘉紀

控え

GK 1 東口順昭

GK 12 権田修一

DF 5 長友佑都

DF 16 冨安健洋

DF 19 酒井宏樹

DF 22 吉田麻也

MF 6 遠藤航

MF 7 柴崎岳

MF 8 原口元気

MF 9 南野拓実

MF 21 堂安律

FW 15 大迫勇也

監督森保一