秋葉原駅電気街口のコンビニエンスストア「NEWDAYS(ニューデイズ)秋葉原店」が、まもなく営業終了となる。最終営業日は2016年3月27日。

長年、アキバ利用者に愛されてきた店舗とあって、ツイッターには「惜しむ声」が出ている。


店舗遠景

20年前から「あそこは変わらない」

ツイッターには、20年間の感謝を伝える、立て看板の写真が。終了の理由は「工事の為」と告知されているが、店舗のある「JR東日本秋葉原ビル」が取り壊されるのでは、との情報も流れている。



なおすでに、同じビルに入っている「シェフズキッチン カレー厨房」と「Becker's(ベッカーズ)」は、2月29日に閉店済み。いずれもジェイアール東日本フードビジネスが運営する店舗だった。





Jタウンネットが3月25日、現地を訪れてみたが、ツイートにあった立て看板は見当たらなかった。入口には、オレンジと黄色の「NEWDAYS」。この看板は旧デザインで、すでに多くの店舗が、緑と黄緑色の「NewDays」へ移行している。最近見る機会が少なくなった貴重な看板なのだ。


旧デザインの「NEWDAYS」

ツイッターには、利用者からの声が。長く変わらなかった「秋葉原のシンボル」が消えると、おどろいている人がいる。

ドアの張り紙によると、これからは駅ビル「アトレ」の中にある、「NewDays アトレ秋葉原1」店の利用をすすめられている。そこには案内地図も描かれていたが、地図内の「当店」ロゴマークは、看板通りの「NEWDAYS」ではなく、新デザインの「NewDays」で表現されていた。