サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で決勝に進んだフランス代表の快進撃にあやかろうと、支持率低迷中のマクロン仏大統領が躍起だ。準決勝のベルギー戦に続いて、15日の決勝も現地観戦する。マクロン氏は5月にロシアを訪れた際、「代表が準決勝に進めばロシアで応援する」と公言。準決勝の際にはマクロン氏がスタジアムで喜ぶ姿が映し出された。ツイッターには「決勝戦に進んだ。優勝を見届けるためにまた来る」と