夫婦の合同お別れ会が開けない事情とは?

写真拡大

「遅くとも9月中頃までにはご夫婦の“合同お別れ会”の日程が発表される予定でした。ところが、9月下旬になっても発表されないまま。予定どころか実際は、実現のメドすら立っていない状態のようです」(芸能関係者)

 大恋愛の末に1973年に結婚し、おしどり夫婦と呼ばれてきた津川雅彦さん(享年78)と朝丘雪路さん(享年82)。

 朝丘さんがアルツハイマー型認知症で亡くなったのは今年4月27日で、その時の津川さんの「おれより先に死んでくれてありがとう」のコメントは、多くの人の涙を誘った。それからわずか3か月あまり後の8月4日、妻の後を追うように、津川さんが心不全で他界した。

 ふたりの“お別れ会”は合同で行われることになったというが、津川さんが亡くなって2か月近くたった今になっても、予定が決まっていない。いったいどんな事情があるのか。

「津川さんは玩具事業で多額の借金を抱え、2008年末に朝丘さん名義の豪邸を売却。朝丘さんの父で美人画で有名な伊東深水画伯の作品も、借金返済のためにほとんど売り払ってしまった。以来、朝丘さんは湾岸地区にあるタワーマンションで暮らし、津川さんは都内の一戸建てに引っ越しました。一戸建てといっても築20年以上のこぢんまりとした賃貸物件で、名優が住むにはあまりにも質素な家です」(別の芸能関係者)

 それでも事業失敗のツケはまだ払いきれておらず、それがお別れ会が開けない理由の1つになっているという。

「借金は最終的に8億円ほどにまで膨らみ、長期に及ぶ返済計画を立てたと聞いています。津川さんの事務所は、返済処理にも頭を悩ませていて、お別れ会に手を付けられていない状況です」(津川さんの知人)

 さらに長く別居状態が続いていたことも、“合同”でお別れ会を行うことの障害になっている。

「朝丘さんが認知症だとわかってからも別居は続き、その面倒はほとんど長女の真由子さん(44才)が見ていました。最期には『おれが面倒を見る』と言って津川さんが看取りましたが、すでに“後のこと”を話し合える状態ではなかった。夫婦で所属する事務所が違うのもネック。お別れ会を仕切っているのは津川さんの事務所ですが、朝丘さんサイドの友人知人がわからず、今になってようやく事務所間で情報を共有しようとしています。スタッフが奔走し“呼ぶ人に漏れがあってはいけない”と、リストを作り始めたそうです」(朝丘さんの知人)

 多くの人から愛されたふたりゆえ、お別れ会開催までまだ時間は掛かりそうだ。

※女性セブン2018年10月11日号