新京成線の下り電車内で千葉県の高校3年生の女子生徒(18)に痴漢をしたとして、県警船橋東署は14日、千葉市建築管理課職員の長谷川直哉容疑者(35)=同県八千代市緑が丘西=を現行犯逮捕した。

 調べに対し、容疑を認めているという。

 逮捕容疑は同日午前7時40分ごろ、新京成線の習志野−薬園台駅間を走る電車内で、通学途中の女子生徒をスカートの上から触ったとしている。

 同署によると、女子生徒から13日に「同じ男から複数回、痴漢されている」と相談があり、県警鉄道警察隊が警戒していた。

 千葉市の熊谷俊人市長は「職員の逮捕をおわびする。厳正に対処し、職員に対する綱紀の保持の徹底に努める」とコメントした。