WDと和解した東芝 生き残りには稼ぐ力の底上げができるかが焦点

ざっくり言うと

  • 「新生東芝」が生き残るためには、稼ぐ力を底上げできるかが焦点だという
  • 同社は収益率の低い社会インフラ事業に、IoTを組み合わせ売り込みたい考え
  • また海外売上高比率が3割弱と低いため、海外市場の開拓も欠かせないと筆者

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング