太田光(爆笑問題)

写真拡大

5日深夜放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)で、爆笑問題・太田光が、ジャズトランペット奏者・日野皓正氏への発言を反省した。

番組では、日野氏のビンタ騒動の話題になり、太田が3日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)の出来事を語った。

同番組で、太田は日野氏について「大した音楽家じゃないでしょ、あの人」「コミュニケーションするのにビンタしなきゃいけないんだったら、大した音楽家じゃない」「自分のパフォーマンスなんじゃないですか、これ」と発言していた。

太田は、自身の発言で共演者たちが「ドン引き」していたと振り返り「ダメだなと思って…自己嫌悪に陥っちゃって」と漏らした。怒りにまかせて「大した音楽家じゃない」と発言した行為は、「よく考えてみたら、日野皓正がやったことと一緒だな」と思い、反省したそうだ。

なお、太田は先の発言に至った理由について、日野氏が一言も謝罪せずにビンタを教育と言ったことに対し、世界的奏者という座に「あぐらをかいてんじゃないの?」と思ったからだと説明していた。

【関連記事】
太田光 日野皓正氏による“愛のムチ”を完全否定「大した音楽家じゃない」
太田光がお笑いの年齢イジりに持論を語る「笑いは絶対に人を傷つける」
武井壮 日野皓正氏のビンタ騒動後の釈明に意見「覚悟がない」