女性なら誰でも「オバサン」より「おねえさん」と呼ばれて生きていきたい……と願うものではないでしょうか? 世の中にはアラサー以上、アラフォーでも「おねえさん」と呼ばれる女性もいますが、若くても「オバサン」になってしまう女性もいますよね。両者の違いは、一体何なのでしょうか?

若くても「オバサン」と思われる女子の特徴5つ

そこで今回は、男性たちに「オバサン」と思われる女性の特徴を聞いてみました! 年齢より「言動」の方が大事……という意見も多かったので、参考にしてみてくださいね。

1: 「若いときはさ〜」昔を懐かしがる

過去ばかり見つめていて「そういえば、昔はさ」「学生のときはさ〜」と昔を懐かしがるような言動が多い女性に対して「なんか、オバサンっぽいな」と思う男性も多いそうです。アラサー世代が「私たちが若い頃は」なんて言ってしまうと「オバサン」と呼ばれてしまうかも!?

「30代の女性が『うちらが若い頃はさ〜』と話をする姿をみて、見た目は若々しくてキレイなのに『オバサンだ』って思った」(29歳・会社員)

▽ 未来ではなく過去を振り返る姿勢も……なんだかオバサンっぽい?

2: 「家じゃないんですけど!」恥じらいがない

公衆の場なのに、まるで自宅にいるかのように大きなあくびをしたり、鼻をチーンとかんだり、大声でしゃべったり……。「ここは家じゃないんですけど!」と思うような恥じらいのない行動にも「オバサン」のレッテルを貼られてしまうそうな。

「20代の女子グループが固まって、恥じらいなくでっかい声で話していたり、家みたいにくつろいであくび、足を広げるなどの行動を見た時。若いのにオバサンかってなる」(31歳・メーカー勤務)

▽ いくつになってもおねえさんな女性は、恥じらいや節度がありますよね。

3: 「見た目を気にしない」美意識の低さ

年齢関係なく、外見を気にしなすぎる女性に対しても「オバサンっぽい」と思われるという意見もありました。誰かに見られるという意識が低く、メイクも髪形もファッションも「どうでもいい」「ご近所感丸出し」な感じの女性は若くてもオバサン化しているのでは……というのが男性たちの本音です。

「やっぱり見た目を気にしているかどうか、だと思います。年齢を重ねても美意識が高い女性だとステキなマダムって感じですよね」(29歳・美容師)

▽ 美意識の低さがオバサン化にもつながるとは……!

4: 「ここだけの話〜」ウワサ話大好き

女性同士でその場にいない人の話題、つまり「ウワサ話」で盛り上がる姿も「オバサンっぽい」というご指摘が! しかもその内容が愚痴に近いものであれば、あるほど「オバ化」も加速しちゃうそうです。

「いない人の話題でそこまで盛り上がるか? ってなります。ウワサ話や愚痴大好きな女性も若くてもオバサンっぽい感じがする」(32歳・IT関連)

▽ ウワサ話が大好物な女性は要注意? ひそかにオバサンっぽいと思われているかも!

5: 「ちょっとおまけして〜」とずうずうしい

オバサンといえば、強い生き物というかずうずうしさを感じることもありますよね。例えば、買い物の際に「ちょっとまけて〜」と割引をお願いしたり。試食を食べまくって結局買わない、などの行動を見てオバサンっぽいと思うこともあるそうです。

「オバサンになるとずうずうしくなる気がするのですが……。なんか強くなるというか、恥じずに割引をお願いしたり試食を食べまくったり、そういうイメージです」(28歳・インテリア関連)

▽ ずうずうしさもオバサンへの第一歩? おねえさんはしおらしく……です。

年齢関係なく、若くてもオバサンと思われてしまう女性にはこんな特徴があるのかもしれません! いくつになっても若々しく、できれば「おねえさん」と呼ばれたい。そんな女性は要注意ですよね……。