「南極・北極展」玉川眦膕S・Cで開催 - 極地の大自然や人々の営みが学べるイベント

写真拡大

南極昭和基地の開設60周年を記念したイベント「南極・北極展〜真夏の二子玉川に氷と雪の世界がやってきた!〜」が、2017年7月22日(土)から8月16日(水)まで、東京・玉川眦膕S・Cで開催される。

2017年は、南極昭和基地開設60周年となる節目の年。この記念すべき年に開催される本展は、北極・南極の厳しい自然環境を、生き物の映像や剥製展示で分かりやすく紹介するもの。泳ぐ新型ペンギンロボットや、2メートルを超えるホッキョクグマの剥製、日本の南極地域観測隊の活動を紹介するアカデミックな資料の展示など、幅広い世代で楽しめる内容となっている。

なお会場では、グッズの販売やワークショップなども行われる予定だ。

【開催概要】
「南極・北極展〜真夏の二子玉川に氷と雪の世界がやってきた!〜」
期間:2017年7月22日(土)〜8月16日(水)
時間:10:00〜19:00
※最終日は〜18:00(最終入場は閉場の30分前まで)
会場:玉川眦膕S・C 西館1Fアレーナホール
料金:大人(中学生以上)600円(税込)、小人(3歳〜小学生) 400円(税込) ※3歳未満無料
<主なコンテンツ>
・南極・北極の希少な生き物の剥製展示
・公式初上映、極地の大自然や野生動物の記録映像
・60周年を迎えた南極昭和基地の歴史紹介
・初公開、泳ぐアデリーペンギン型ロボット
・グッズ販売、ワークショップほか
※詳細は7月以降に発表予定。

【問い合わせ先】
玉川眦膕S・C
TEL:03-3709-2222(代表)


[写真付きで読む]「南極・北極展」玉川眦膕S・Cで開催 - 極地の大自然や人々の営みが学べるイベント

外部サイト

  • とらや東京ミッドタウン店10周年の特別展 - 日本酒入り羊羹や猫のきんとんなど過去の商品を再販売
  • 伊の老舗アイウェア・ペルソールの新作、ラウンドフレームとメタルを融合したダブルブリッジなど
  • 東京駅地下に新商業空間「グランスタ丸の内」新エリアにチーズタルト専門店・ベイクやスタバが登場