毎週月曜日18時生放送中のゴシップ情報番組『ゴシップジェネレーション』(AbemaTV)の15日放送回に、K‐1 WORLD GP 2階級世界王者の武尊(25)がゲスト出演。武尊は7日に行われ、大きな話題となったAbemaTV開局1周年記念スペシャル企画『亀田興毅に勝ったら1000万円!』企画にゲスト解説者として出演していたが、その時に自身がやらかした“ゴング事件”の裏事情を明かした。

 「ゴシップジェネレーション」は、芸能界のウワサが大好きな若者たち、“ゴシップジェネレーション”のギモンに対し、芸能界を知り尽くしたベテラン芸能リポーターが回答するゴシップ情報番組。MCを俳優の南圭介(31)が務め、お笑いコンビ・うしろシティの金子学(34)と阿諏訪泰義(36)が“兄貴分”。この日の“ゴシップジェネレーションズ”には、ちぴたんことギャルモデルの石川千裕(18)、読者モデルの佐藤ノア(19)、男子高生 ミスターコン2016準グランプリで現役高校生の那須泰斗(17)が出演した。

 亀田興毅(30)が、一般公募で選ばれた挑戦者4人と3分3回のボクシング対決をおこなった『亀田興毅に勝ったら1000万円!』を振り返っていたなか、番組に寄せられた「ゴング可愛かった」というコメントに敏感に反応した武尊。それまで軽妙なトークを繰り広げていたのが、コメントを見た途端に「本当になかったことにしたいくらい、イヤ…」と苦虫を噛み潰したような顔になり、「ゴング鳴らしたことないんですよ、僕。やり方がわかんなくて、タイミングもいつ鳴らしていいかわからなくて…。それで、“ちーん”って。(コメントでも)お葬式か!ってツッコまれて」と振り返った。

「最初から慣らすように言われていたら練習していたんですけど、解説者の竹原慎二さんがやる予定だったんですよ。でも30秒前に『武尊、やれよ〜』って、竹原さんに言われて。先輩に言われたら、やるしかないじゃないですか。それでアレになったんですよ。しかもそこで、サーバーがダウン。“ちーん”がきっかけで落ちたらしくて、ツイッターでボロクソ叩かれて。武尊のせいで落ちたじゃねーか、試合見れないじゃねーかって。マジあれは勘弁して欲しかった…」

 普段はゴングを鳴らされる側の武尊。先輩のまさかの振りに、“防衛”できなかった!?

(c)AbemaTV

『ゴシップジェネレーション』は毎週月曜日 18:00〜19:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

▶︎番組予約はこちらから