2017年秋には3種類の次世代iPhoneが登場すると言われています。そのうちの1つである「プレミアムモデル」のiPhone8については、技術的な問題などから発売が遅れるのではないか、という観測が出ていました。しかし、同じ観測元から、スケジュール通り10月に発売されるとの情報が浮上しています。

サプライチェーンは予定通り生産を開始

台湾メディアの経済日報は4月の時点で、フロントデュアルカメラを組み込んだ有機EL(OLED)ディスプレイを本体に圧着する工程で技術的問題が発生しているため、iPhone8の発売が10月ではなく11月に後ずれする可能性がある、と報道していました。ここ数年間Appleは、iPhoneのリリースを9月に行ってきました。
 
しかし、経済日報が新たに伝えたところによれば、わずかな遅れこそあるものの、CPUを担当するTSMCや、フレキシブル基板のZhen Ding、バッテリーのSimplo Technologyなどのサプライチェーンは皆、スケジュール通りパーツの生産を進めるとのことです。また、iPhoneの組み立てを請け負うFoxconnやWinstron、Pegatronも、大規模生産に備え、人員募集やトレーニングを加速させていることが分かっています。

それでも極度の品薄になるかも

Appleは今年、リリースするiPhoneを従来の2モデルから3モデルに増やすと言われています。そのうちの2つはiPhone7s/7s Plusとでも言うような、iPhone7のマイナーアップデートに留まる見込みですが、残る1つは「iPhone登場10周年」にふさわしい、特別なモデルになるとされています。
 
ただし、このプレミアムモデルについては、物理ホームボタンが消失した全面ディスプレイになり、TouchIDセンサーもディスプレイ内に埋め込まれた画期的なデザインになると言われており、仮にスケジュール通りの生産であっても、人気の高さから極度の品薄となる可能性は高そうです。
 
 
Source:DigiTimes via 9to5Mac
Photo:Martin Hajek
(kihachi)