ジブリ作品の食べるシーンがズラリ (C)Studio Ghibli (C)Museo d'Arte Ghibli

写真拡大

 三鷹の森ジブリ美術館で企画展示「食べるを描く。」が、5月27日から開催されることが決まった。スタジオジブリ作品から記憶に残る数々の「食事シーン」を取り上げ、アニメーションの原画や制作資料とともに、そのシーンがどのように描かれているかをひも解き、紹介する。

 「千と千尋の神隠し」で千尋がハクからもらったおにぎりを涙を流しながら食べるシーンや、「ハウルの動く城」でハウルがベーコンエッグを作り、ソフィーやマルクルと一緒に食べるシーンなど、日常を丹念に描くジブリ作品には、多くの食事シーンが登場する。企画展「食べるを描く。」では、こうした数秒間の食べるシーンのために描かれた場面の原画や絵コンテ、背景画などの制作資料を展示しながら、食事シーンを表現するために用いられた工夫や作画の技術、作り手の意図などを解説する。

 さらに、「となりのトトロ」のサツキとメイの家の台所と、「天空の城ラピュタ」のタイガーモス号のキッチンを実物大で再現。来場者はサツキやシータが調理していた映画の世界を体験することができる。また、「食」について描くことは、登場人物たちの背景となる暮らしや文化を描くことでもあり、映画製作時の資料となるような参考図書の紹介コーナーも設ける。

 企画・監修は宮崎吾朗。会期は18年5月までを予定。チケットは日時指定の予約制で、夏休みシーズン(7、8月分)に限り、先行抽選販売が5月25日から行われ、インターネット(http://l-tike.com/ghibli/)または電話(0570-084-639)で申し込みを受け付ける。