映画『千と千尋の神隠し』(2001年)

写真拡大

来る9月17日、スタジオジブリの『レッドタートル ある島の物語』が公開を控えている。そのことを記念して、映画公式ホームページでは8月13日から28日まで「スタジオジブリ総選挙」が行われた。

20日の中間発表によると、スタジオジブリの長編劇場用映画全21作品の中から上位に選ばれたのは、『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』『魔女の宅急便』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』の5作品。

9月6日には最終結果が発表され、1位に輝いたのは『千と千尋の神隠し』となった。

スタジオジブリの作品は韓国でも長く愛され続けている。それでは、韓国人がもっとも愛する作品はなんだろう。

というわけで、韓国最大のポータルサイト「NAVER」の映画セクションで各作品にネチズンがつけている評点を、編集部で調べてみた。作品のラインナップは、もちろん「スタジオジブリ総選挙」の候補作品と同じである。

ベスト10入りの作品を10位から見てみよう。

まず、10点満点中8.81点で10位にランクしたのは、『ホーホケキョ となりの山田くん』。「この作品より暖かいアニメが他にいるだろうか」「落書きのような絵柄が親しみやすさを与える」といったコメントが寄せられている。

9位は、8.84点の『思い出のマーニー』だった。ネチズンは「アナ雪よりこの作品が100倍良い」「ジブリならではの美しい映像と音楽、不思議なストーリーまで。癒しの時間でした」と、高く評価していた。

8位は、8.97点の『魔女の宅急便』。「結末が少し残念だが、面白いし、純粋な感じがとても良かった」「80年代の作品とは信じがたいクオリティー」と好評だが、中でもっとも“いいね!”が多いコメントにクスッと笑いが出た。そのコメントとは、「借りたモップはとうとう返さなかった…」。

7位は、9.1点を記録した『ハウルの動く城』である。「私の初恋はハウルでした」「何回見ても飽きない」「これを見るまではアニメを馬鹿にしていたが、これは確かに“映画作品”だった」といたコメントがたくさん寄せられている。韓国では観客動員数300万を超える大ヒットとなった、記念すべき作品だ。

6位にランクしたのは、9.12点の『耳をすませば』。「男子高校生も微笑みを浮かべながら見た名作」「“純粋”とは何かを感じられる」といったコメントが見られた。

5位は、9.23点で『となりのトトロ』に。“ジブリを代表する作品の一つ”として名を知られる同作品は、韓国でも意外にファンが多い。「1988年作にしては素晴らしすぎる作画。最近作られたと言っても全く違和感なし」と、作品のクオリティーに感動する人も少なくなかった。

4位となったのは、9.26点を得た『風の谷のナウシカ』。「ジブリの名作。面白さとメッセージ性をうまく取り揃えている」「恐れ多くて評価することすらできない」と、かなりの評価だ。

3位は、9.3点の『天空の城ラピュタ』だった。ネチズンからは、「日本という国を見直すきっかけになった作品」「これを見てからしばらくの間、雲ばかり見上げることになる」というコメントが寄せられている。韓国ではあの「バルス」でツイッターが盛り上がらないことだけが残念なところだ。

2位となったのは、9.33点の『もののけ姫』。コメント欄を見てみると「死ぬ前にこんな作品を見ただけで幸せです」「今まで見た中でもっとも意味深い作品」「私なんかが点数をつけていい作品ではない」といったコメントが並ぶ。

1位に輝いた作品は、9.37点で『千と千尋の神隠し』となった。

「何度見ても泣いてしまう」「日本最高のアニメ映画」「宮崎駿監督生涯の力作」「今まで製作されたどのアニメも、『千と千尋』を超える作品はなかった」と大好評を得ている同作は、2002年韓国で公開され、日本アニメ映画では初めて観客数200万人を突破した。2015年には再公開され、観客動員数8万5000人を記録。ジブリの中でも特に根強いファンが多い作品である。

ちなみに、ワースト作品も紹介しよう。

ジブリ作品の評点が全体的に8〜9点をキープする中、6.66点にガクッと落ちた作品は『火垂るの墓』だった。そして『コクリコ坂から』が6.08点、『ゲド戦記』が5.16点を記録。

もっとも評価が悪かった作品は、4.54点の『風立ちぬ』である。ネットでは「失望した」「韓国でこんな映画が公開されたのは悲劇」と、酷評。「日本の右翼映画だ」との批判とともに、累計観客動員数10万人という低調な成績を残した作品となった。

(関連記事:スクリーン確保も難しい!?『君の名は。』の大ヒットと対比する韓国産アニメ映画の厳しい現状

(文=S-KOREA編集部)