冷え性の人にとって、冷房の強い夏のオフィスは冬以上に過酷な環境なのではないでしょうか? 今回は、女性の大敵「冷え」から身体を守るために実践していただきたい基本のポイントをおさらいしましょう!

冷え性は万病のもと!

某下着メーカーが行った調査によると、女性の2人に1人は「自分は冷え性だと思う」という自覚を持っているそうです。
こんなにも多い女性の冷え性。しかし、そのぶん「みんながなっているから」と甘く考えてはいませんか? 冷え性はダイエットの弊害になるだけではなく、肌荒れ・気力の低下・頭痛・めまい・生理痛などさまざまな症状の原因になりうるとても怖い存在なのです。
最近では「温活」という言葉も使われるようになってきましたが、冬だけではなく暑い夏でも身体を意識して温めなければ、冷房や冷たい飲みものなどの影響を受けすぎて体調を崩してしまいます。

首・足首・お腹が温めポイント!

夏は全体的な厚着をするのが難しいため、身体の一部を温めることで冷え性を防ぎましょう。とくに女性が冷やしてはいけないとされている部分は、首・足首・子宮です。首

首から入った冷気が上半身を冷やしてしまいます。暑い日であっても最低限薄手のストールは持ち歩き、冷房の強いところではすぐに巻けるようにしましょう。

足首

スカートをはく女性にとって、足首はもっとも冷えやすいポイントです。足首を冷やすことは全身の低体温化につながります。オフィスワークやタクシーでの移動のときなどは必ずブランケットを足首までかけるようにしましょう。

お腹

お腹の冷えは子宮や胃などの機能低下に影響します。暑いからといって冷たいものを積極的にとることは極力控えましょう。

お風呂に入って冷え知らずな身体に!

毎日シャワーだけで済ませていませんか? お風呂をわかさず入浴しない人が増えたことも、現代人に冷え性が増えた原因のひとつと言われています。夏の暑い季節はとくに、熱いお湯につかることがめんどうだと感じるかも知れません。
しかし、冷え性に悩む女性であれば、毎日お風呂に入ることで身体の調子がだんだんとよくなっていくことが実感できるはずです。とくに半身浴がおすすめなので、さっそく今夜から実践してみてください!

理想の体温は36.5度!

そもそも、自分が冷え性かそうでないのかがわかっていない女性が多くいます。一般的な基準では、36度以下が冷え性といわれています。
免疫力などの観点から考えて、理想的な体温は36.5度です。あなたの体温はいかがでしょうか? 計ってみて36度以下なら要注意です! ぜひ今日から冷え性対策をはじめましょう!!