E-girls『E.G. SMILE -E-girls BEST-』

写真拡大

 E-girlsが2月10日、ベストアルバム『E.G. SMILE -E-girls BEST-』をリリースした。

 同作は歴代のシングル曲や新曲を収録するほか、国内外のプロデューサーが彼女たちの楽曲をリミックスしたCDもパッケージされている。E-girlsの歴史を辿りつつ、今後の音楽的な方向性が伺える一作といえるだろう。ここでは同作を軸にしつつ、彼女たちの楽曲群からサウンドの変遷と特徴をまとめてみたい。

・「ガールズポップ前夜」のE-girls

 E-girlsの最初期にあたる楽曲は、70〜80年代のソウル/ファンクの流れを汲んだカッティング・ギターやホーンに、現行のポップスを意識したリズムを加えたアレンジが特徴的な「Celebration!」(2011年12月リリース)。しかしファンク路線の表題曲はこれ以降鳴りをひそめ、2012年4月にリリースした2枚目のシングル『One Two Three』より後のE-girlsは、CLARABELLやArmySlickといった気鋭の音楽作家を積極的に起用したことや、Samantha ThavasaやSamantha Vegaのタイアップに決まったことも影響してか、K-POPにも近い雰囲気のガールズポップが続く。

・E-girlsが幅広い世代のファンを獲得した「もうひとつの強み」

 一方、その流れとはまた異なるサウンドを持つシングルも存在する。それは2013年2月にリリースした4thシングル『THE NEVER ENDING STORY』、2014年7月リリースの9thシングル『E.G. Anthem -WE ARE VENUS-』、同年8月リリースの10thシングル『おどるポンポコリン』だ。

 名作映画『ネバーエンディングストーリー』テーマソングの日本語版やYMOの名曲「RYDEEN」の引用、国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』のカバーなど、いずれも広い世代に愛されている楽曲のオンパレード。ほかにもアルバム『E.G.TIMES』には「ロックンロール・ウィドウ」(宇崎竜童)や「うれしい! たのしい! 大好き!」(DREAMS COME TRUE)のカバーを収録。コンサートに小・中学生の観客も多い同グループが、ファンの親世代の名曲も取り入れることで、親子揃って楽しめる魅力を兼ね備えるようになった。

・パフォーマンスの成長とともに訪れた「ディスコ・ファンク路線への回帰」

 先に挙げた『E.G. Anthem -WE ARE VENUS-』をリリースした2014年7月は、彼女たちが初めて単独ツアーを行なった時期であり、日本武道館公演を目前としたタイミングだった。このころから大きな会場を舞台に、単独公演の機会が増えたE-girlsは、よりレベルの高いパフォーマンスを追求するようになる。それぞれの母体となるグループ「Dream」「Happiness」「Flower」の活躍の場も増え、ライブでキュートに会場を駆け回りながら歌い踊るガールズポップ路線の楽曲とは別に、彼女たちの武器である「キレのあるダンス」を披露するにあたって、「E.G. Anthem -WE ARE VENUS-」の存在は不可欠だったといえる。実際に、武道館公演で初披露された同曲のパフォーマンスは圧巻の一言だった。

 14thシングル『Dance Dance Dance』は先述した「Celebration!」の系譜上にあるディスコ・ファンク路線の楽曲。そして『E.G. SMILE -E-girls BEST-』に収録された新曲「DANCE WITH ME NOW!」もまた、この路線を受け継いだものだ。これらの楽曲によって、E-girlsのダンスグループとしての側面がより強調された形となった。

 彼女たちの「ディスコ・ファンク路線への回帰」は、グループのオリジナリティを打ち出す強靭な武器となって、これからもE-girlsの音楽的な核になっていくのではないだろうか。また、これらの楽曲やカバーたちが、ファンを過去の名曲や洋楽に触れさせる入り口となることも期待したい。(中村拓海)