Insta360Japanは11月21日、アクションカメラの新製品「Insta360 Ace」「Insta360 Ace Pro」を発売しました。いずれも2.4インチのフリップ式タッチスクリーンを搭載するのが特徴です。

ライカと共同開発のInsta360 Ace Pro

上位モデルのInsta360 Ace Proは、ライカの光学設計とイメージングに関する専門技術を盛り込んだ共同開発モデルで、価格は6万7800円(税込)。大型の1/1.3インチセンサーを搭載し、独自のFlowState手ブレ補正、低照度撮影向けのPureVideoモード、4K 120fps動画やアクティブHDR動画の撮影に対応します。写真撮影の解像度は4800万画素。4K 30fpsで最長100分の撮影ができ、22分で80%、46分でフル充電の急速充電に対応します。本体は10m防水のIPX8に対応し、専用潜水ケースで60mまでの潜水が可能。

フリップ式のタッチスクリーンは、Vlogや自撮り、難しいアングルでの撮影に活躍。画面をダブルタップすると、画質を損なうことなく即座に2倍ズームできる「クラリティズーム」の機能が利用できます。

エントリーモデルも発売

価格を抑えたエントリーモデルのInsta 360 Aceも同時に発売し、価格は5万5000円(税込)。ライカとの共同開発モデルではなく、センサーが1/2サイズ、急速充電に非対応な他、動画の最大解像度が異なります。