スーパーエース・西田有志 
がむしゃらバレーボールLIFE  Vol.2(6)

(連載5を読む:男子バレー日本代表の進化。パリ五輪予選に向けて「どのメンバーが出ても結果が出せる」>>)

 昨シーズン、イタリア・セリエAのビーボ・バレンティアでプレーした西田有志は、古巣のジェイテクトSTINGSに戻ってプレーしている。


2年ぶりのVリーグで柳田将洋(右)らとプレーする西田

 ジェイテクトは西田の復帰のほか、柳田将洋や関田誠大、スロベニア代表のティネ・ウルナウトなど大型補強があり、優勝候補の筆頭に挙げられていた。しかし、前半戦では西田がベンチアウトとなることが続き、チームも低迷。その後、西田のベンチアウトはドクターストップだったことが判明したが、その症状について次のように説明した。

「最初は、熱が出てすぐ熱が下がる、の繰り返しでした。朝に目が覚めたら、ベッドのシーツがビショビショになるくらい汗をかいていたこともありましたね。『無理をすれば、なんとかプレーはできる』という感じがずっと続いていました。検査では体に問題はなかったんですが、原因がわからずにどうすることもできなくて......。"生業"であるバレーボールができないことに対して危機感もありましたし、焦ることもありました」

 年末には復帰を果たし、天皇杯ではチームの優勝に貢献したが、それまではトレーニングも完全に休んでいた。その間のチームをどう見ていたのか。

「練習はもちろん、試合会場にも行けなかったので、チーム状況はわかりませんでした。ただ、ジェイテクトはプロ選手も多いですし、自覚を持ってプレーしている選手ばかり。結果が出ない中でも、いろいろ考えながらチームのために全力を尽くしていたはずです。それが、(チームとして2度目の)天皇杯の優勝につながったんだと思います。

 天皇杯はトーナメントの一発勝負ですけど、僕も合流して、メンバー全員が揃って戦うことができたので『負ける要素はない』と思っていました。やることさえやれれば絶対に負けないと。心配はなく、逆に優勝することで『チームがよりいい方向に進むきっかけになれば』と思っていました」

【柳田や関田らとの連携力がアップ】

 その言葉通り、チームは天皇杯後に調子を上げて勝利を重ねている。西田も試合に出続け、代名詞にもなっているサービスエースも量産。西田本人も「元気にプレーできていますし、問題はないです」と力強く語った。

「天皇杯の優勝はあくまで"きっかけ"にすぎません。全員でいい練習を繰り返し、いい準備ができたことが今の結果につながっている。その中で新たな課題も出てくるでしょうけど、ひとつずつ乗り越えていきたいですね」

 西田やセッターの関田など、日本代表の活動でチームを離れる選手、新加入の選手も多かったため、チームの連携を深める時間が足らなかったのだろう。シーズンが進むにつれて、徐々にチームが固まっていったように見える。

「本当にその通りだと思います。言い訳にはなってしまいますが、(開幕前に)もっと時間があったらシーズンのスタートから違ったかもしれないですね。でも、今になって勝ちが増えているのは、それぞれが嚙み合ってきている証拠。もともと、嚙み合わない部分を全員でカバーすることがチームコンセプトなので、より勝てるチームになっていくと思います」

 ジェイテクトにはチームをまとめられる、経験豊富な選手も多い。かつて日本代表で主将も務めた柳田もそのひとり。西田と柳田がチームメイトとして戦うのは、2021年の代表チームでプレーして以来。Vリーグでの"共闘"に何を感じているのだろうか。

「あらためて、本当にストイックでプロフェッショナルだと感じます。将さんはひとつひとつの物事に関する考えが深い。具体的には、得点の場面を含め、すべての結果につながる原因、プロセスを大切にしている感じですね。それがプレーの質の高さにつながっていますし、一緒にやっているとすごさを再認識することばかりです。僕はその時の感覚でやってしまう部分もありますけど、細やかに考える部分も取り入れていきたいです」

 現在の日本代表の司令塔でもある関田とは、今シーズンの序盤にコンビが合わない場面も見られたが、「あれは、すべて自分が悪いです。コンディションもよくなくて、いいトスを上げてくれていたのに決め切れませんでした」と振り返った。

 また、スロベニア代表のウルナウトもなかなか持ち味が発揮できていなかったが、「よくなってきている」と心配はしていない様子だ。

「彼はチームのプレーコンセプトにフィットするまでに時間がかかったのかもしれません。初めての日本でのプレーで、コンディション調整も難しいと思います。でも、もともとコミュニケーションをよく取る選手ですし、パフォーマンスはもっとよくなると思います」

【妻の古賀紗理那との結婚生活は「居心地いい」】

 Vリーグでプレーオフに進出できるのは、全10チームの中で上位4チームのみ。2月12日現在でジェイテクトは6位だが、勝ち数、ポイントともに、上位6チームまでは混戦模様となっている。そこから抜け出すために、ジェイテクトに必要なものは何だろうか。

「とにかく勝つこと。選手全員が、それに向かうことです。そういう意味で、今のジェイテクトは一番勝ちに貪欲なチームだと思います」

 原因不明の体調不良、プレー環境の変化などが重なる状況で、同じくVリーグでプレーするパートナーの存在は頼もしかっただろう。

 2022年の大みそか、西田と女子バレー日本代表の主将・古賀紗理那が、それぞれのSNSで結婚を発表したことは、すべてのバレーボールファンを驚かせた。「本当にたくさんの『おめでとう』をいただいた」とのことだが、結婚後に変化を感じることはあったのか。

「今のところ、結婚して変わったことは特にないですね。僕も彼女も現役選手で、シーズンの真っ最中ですし。でも、もうひとりだけの体ではないですし、自分だけで判断をするのではなく、いろんなことを相談するようになっています」

 アスリート同士、しかも同じ競技でプレーする選手同士。しかし、結婚生活で難しさを感じることは「ないです」と断言する。

「料理はお互いに作りますね。2人ともアスリートに必要な栄養もわかっていますし、オフでも体にいいものをチョイスして食べるようにしています

 プレーについても、ポジションが違いますし、考え方も違うので"口を出す"ことはないです。『こうしたほうがいいんじゃない?』という前向きなアドバイス、提案みたいなものは時々しますね。バレーの話ができるのはすごくいいですし、それ以外のところでも、価値観や趣味なども合うので一緒にいて居心地いいです」

 具体的に、西田からアドバイスしたことについてはこう振り返った。

「『トスが合わない』という話になった際には、自分の経験を踏まえて、そんな時に意識していることを伝えました。

 セッターが100パーセントでいいトスを上げることは不可能。高さやテンポなどが少し違うこともたくさんあるけど、自分がそのトスに合わせにいくのではなく、すべてのボールに対して全力でアプローチできる準備をすることが1番大事なんじゃないか、という話をしましたね。スパイクをどう打つか、という話もしますが、そこに至るまでのアプローチの部分を話すことが多い気がします」

 互いを支え合う存在ができた西田は、1月30日に23歳の誕生日を迎えた。まずはリーグ、その先にある日本代表で、さらなる飛躍を遂げてくれることを期待したい。

【プロフィール】
◆西田有志(にしだ・ゆうじ)
2000年1月30日生まれ、三重県出身。身長186cm。ポジションはオポジット。V.LEAGUE DIVISION1 MENのジェイテクトSTINGSに所属し、2018−2019シーズンに最優秀新人賞、2019−2020シーズンに最高殊勲選手賞、得点王、サーブ賞を受賞。昨年は海外に挑戦し、イタリア・セリエAのヴィーボ・バレンティアでプレー。今シーズンは2年ぶりに古巣に復帰した。日本代表には2018年4月に初招集。以降、左のエースとして東京五輪など国際大会で活躍を続けている。