東京駅構内でちょい飲みはいかが?旅行帰りに立ち寄りたいお店5選

写真拡大 (全13枚)

思い切り旅行を楽しんだ後、そのまま帰宅するのは名残惜しいもの。かといって、家に帰ってから夕食を準備するのもちょっと面倒……。そんなときは、駅構内で軽くお酒を飲みながら食事をつまみ、旅の余韻に浸ってみてはいかがでしょうか。今回は、JR東京駅構内にあるおすすめのちょい飲みスポット5選をご紹介します。

※紹介しているメニューは取材当時(2020年12月)のものです。現在は変更されている可能性もありますので、訪れる際には事前にご確認ください。

はせがわ酒店 グランスタ東京店 北出TACOS TO今日BAR Depot 常陸野ブルーイング 丸の内

,呂擦わ酒店 グランスタ東京店

日本酒を中心に、焼酎や和のリキュール、ワインなどを販売する「はせがわ酒店」。2020年8月にリニューアルオープンした、「はせがわ酒店 グランスタ東京店」は、世界でも例を見ない駅ナカの酒蔵「東京駅酒造場」を併設し、日本酒、どぶろく、リキュールを製造しています。

はせがわ酒店 グランスタ東京店

テイスティングバーでは、他では味わえないお酒を楽しめるのが魅力。ここで醸造された「桃どぶろく」は、ほのかな桃の香りがし、飲み口がトロッとしていて飲みやすいので、女性にもおすすめです。

「東京駅酒造場」で醸造した桃どぶろく

∨冥TACOS

東京駅構内では珍しい、メキシカンを楽しめる「北出TACOS(タコス)」。ニューヨーク・ブルックリンにあるレストランの姉妹店としてオープンした、「神田金物通り北出食堂」で人気があるタコスに特化した店舗です。

北出TACOS

ワカモレandトルティーヤチップスは北海道産のトウモロコシを使った自家製トルティーヤと、塩コショウをきかせたトマトに、パクチーをほんのりアクセントにしたアボカドティップがよく合います。メキシコ産のキーライムを使用したテキーラサワーとの相性も抜群です。

テキーラサワーとトルティーヤチップス

TO今日BAR

山形県にある地産地消にこだわったイタリアン「アル・ケッチァーノ」の奥田政行シェフがプロデュースする「TO今日BAR(とうきょうバー)」。地域の素材を生かしたメニューをカジュアルに楽しめる、イタリアンバールです。

TO今日BAR

「庄内柿のマスカルポーネチーズ和えカリカリのそば茶」は、フレッシュな柿をおいしくいただける一品で、スパークリングワインや山形の地酒ともぴったり。パスタやピザもあるので、しっかりと食事をとりたい人も満足できます。

庄内柿のマスカルポーネチーズ和え

「TO今日BAR」スパークリングワイン

Depot

アナログレコードが流れるシックで落ち着いた雰囲気の喫茶バー、「Depot(デポ)」。

Depot

イチオシは、昭和初期に主流だった日本独自のビールタップ「スイングカラン」から注がれるビールです。ビールが通る管が太く、炭酸が過度に溶け込まないために苦味が抑えられ、柔らかい飲み口と喉ごしのよさが楽しめます。

「スイングカラン」で注ぐ極上生ビール

食事もお手頃価格で種類が豊富。「半熟卵の薫るポテサラ」は、とろとろの黄身がポテトサラダにマッチして、味も見た目もインパクト大です。

インパクト大の「半熟卵の薫るポテサラ」

ゾ鑪μ逎屮襦璽ぅ鵐 丸の内

茨城の酒蔵「木内酒造」から誕生した常陸野ネストビールを駅ナカで楽しめるビアバー、「常陸野ブルーイング 丸の内」。

常陸野ブルーイング 丸の内

工場から直接届けられる新鮮な樽生ビールを味わうことができます。定番から季節限定まで約10種類のクラフトビールがそろう中、おすすめはテイスティングセット。3種のビールを飲み比べられます。茨城県が日本一の水揚げ量を誇るサバを使った「常陸さばサンド」など、ビールに合うフードメニューも人気です。

飲み比べを楽しめるテイスティングセット

駅から外に出なくても、サクッとお酒や食事を楽しめるちょい飲みスポットは魅力的。旅行の締めくくりにもぴったりです。心もお腹も満たしてほろ酔いで帰宅するなんて、最高のぜいたくですね。

掲載情報は2020年12月取材時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。