大倉忠義

写真拡大

「こんな家だから、俺は出世できねえんだよ!」

【写真】銀行員に“個人情報を暴露”された大倉忠義

 夫婦ゲンカの絶えない家庭に、嫌気が差した夫が逃げた先は“過去”だった!? '18年に韓国で放送され、人気を博したドラマ『知ってるワイフ』。1月からリメーク作品がフジテレビで放送中だ。

関ジャニ∞大倉忠義さんが主人公を、広瀬アリスさんがその妻役を務めています。夫婦関係に悩む夫がタイムスリップし、妻を入れ替えて幸せになりますが、同時に葛藤も抱えることに。“本当に大切なことは何か”を模索するファンタジーラブストーリーです」(テレビ誌編集者)

 1月7日に2度目の緊急事態宣言が出され、テレビ局も収録方法が改めて見直されているが、このドラマのスタッフには焦りが見えないという。

「もともと'20年7月に放送予定だったのが延期されてしまったため、撮影は昨秋までにすべて終わってるんです。同時期にはロケの目撃情報もSNS上で相次いでいましたよ」(同・テレビ誌編集者)

半年遅れでようやく放送

 放送が半年も遅れたのは、昨年4月に発令された最初の緊急事態宣言が影響している。

「『知ってるワイフ』は、昨年4月に放送開始予定だったドラマ『アンサング・シンデレラ』と同じ、フジテレビの木曜午後10時枠での放送を予定していたんです。しかし、『アンサング〜』がロケ不可能になるなど撮影が大幅に遅れ、7月に放送延期。それに伴い『知ってる〜』も放送時期を移さざるをえなくなりました」(芸能プロ関係者)

 1クールずれるのなら10月から放送が始まるのかと思いきや、そうはいかなかった。

「10月からは『ルパンの娘』がスタートしました。実は放送前から映画化が決まっていて、その発表をずらすことができず、ドラマも予定どおり放送することに。『知ってる〜』はさらに後回しにされ、半年遅れでようやく今年1月から放送することになりました」(同・芸能プロ関係者)

 満を持して放送が始まったものの、第3話までの平均視聴率は6・5%とふるわない。

「本来は東京オリンピックの時期に放送予定でしたから、視聴率はあまり取れないだろうと踏んでいました。しかし、オリンピックもドラマも延期され状況が変わったため、“いけるかも?”なんて期待していたんですが……。バラエティー番組に出演者をゲストで登場させたりして番宣も積極的にやりましたが、結局は想定どおりの数字です」(フジテレビ関係者)

 一方で、こんな声も。

「すでに撮影が終わっているからコロナの影響も特に受けないし、最後まで放送できることが確定しているだけでも御の字ですよ」(別のフジテレビ関係者)

 こんなに振り回されるなら、コロナ以前にタイムスリップして世界を変えてしまいたい!?