14日、東京地検から追起訴されたライブドア前社長の堀江貴文被告(資料写真:吉川忠行)

写真拡大

ライブドアグループをめぐる証券取引法違反事件で、東京地検特捜部は14日、証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪で、ライブドア前社長の堀江貴文(33)ら4容疑者=同法違反(偽計取引、風説の流布)の罪で起訴済み=を追起訴、現取締役の熊谷史人容疑者(28)=逮捕後、代表権返上=を起訴した。同時に法人としてのライブドアも追起訴した。

 ほかに追起訴されたのは、ライブドア前取締役の宮内亮治(38)、同前取締役でライブドアマーケティング前社長の岡本文人(38)、ライブドアファイナンス前社長の中村長也(38)の3被告。

 被告らは、ライブドアの2004年9月期の連結決算で、本来、約3億1300万円だった経常赤字を、自社株の売買益などを売上高に含めるなどして約50億3400万円の経常黒字を計上。約53億4700万円を粉飾した罪に問われている。【了】

■関連動画ニュース
3月14日動画ニュース