2018年9月12日、中国メディアの環球網は、日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会台北事務所が入る台北市中心部のビルで10日午後、入り口のガラスや床にペンキがまかれる騒ぎがあったことに関連し、「日台交流協会はペンキをまかれただけにとどまらず、さまざまなことを経験してきた」とする記事を掲載した。報道によると、日本の民間団体の代表者が台湾台南市に設置された慰安婦像に蹴りを入れたとされる問題をめぐり、慰安婦像