6月30日、北京・上海間高速鉄道の正式営業がスタートした。北京・上海間を4時間48分で結ぶ夢の超特急だが開業当初の乗客数は少なく、閑古鳥が鳴くスタートとなった。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=52494">

写真拡大

2011年6月30日、北京・上海間高速鉄道の正式営業がスタートした。北京・上海間を4時間48分で結ぶ夢の超特急だが開業当初の乗客数は少なく、閑古鳥が鳴くスタートとなった。米華字ニュースサイト・多維新聞が伝えた。

温家宝(ウェン・ジアバオ)首相も乗った北京発第1便の切符は完売したというが、それ以外はがらがら。中には乗車率20%という列車もあったという。一方で、在来線の北京発上海行きの列車はほぼ満席だった。予約も売れ行きは芳しくないという。

【その他の写真】

競合する航空会社の値引き攻勢、さらにもっと安い在来線という2つのライバルに阻まれ、販売数が落ち込んだものと見られる。もっとも他の高速鉄道も開業当初は乗車率は決して高くなかったが、その後増加している。中国鉄道部は新たな交通手段の周知には時間がかかるとして理解を求めている。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
中国の高速鉄道はひどい赤字経営、乗車率の確保が頭痛のタネ=東海道新幹線との違いは?―中国メディア
中国版新幹線、沿線各都市は経済効果に期待―中国
新幹線など海外の技術を「導入、消化」した8年間=中国高速鉄道が迎えた転機―中国紙
中国高速列車の知的財産権、「疑いもなく完全に中国人のもの」―中国鉄道部
【アンケート】電力不足が予想される夏季、節電を予定していますか?