昨年11月、ブロック・レスナー戦以来のオクタゴン登場となった46歳クートゥアー。実に13歳下のノゲイラと激しい殴り合いを展開し、ポートランドを沸かせた

写真拡大 (全6枚)

8月29日(土・現地時間)、米国オレゴン州ポートランドのローズガーデン・アリーナでは、UFC102『COUTURE vs NOGUEIRA』が開催された。

20000人以上の収容を誇るNBAトレイルブレイザースの本拠地を舞台に、そのメインでは、高校時代からUFCキャリアの初期まで、長きに渡りポートランドと縁のある人生を送ってきたランディ・クートゥアーが、準ホームでアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラを迎え撃つ“UFC×PRIDEレジェンド対決”が行われた。

異様な場内の盛り上がりのなかで始まった一戦は、試合序盤から、大ベテラン二人による打ち合いが繰り広げられ、ノゲイラから2度のダウンを奪い、クートゥアーはグラウンドでもスイープやパウンドを許す苦しい展開に。3R終盤には大歓声をバックに、トップを奪い返し、パウンドを放つ場面もあったが、最後は判定3-0でノゲイラに軍配が挙がった。

試合後には、引退のコメントを引き出したいジョー・ローガンに、「敗北は残念だ。でも、これはそういうスポーツ」と語った46歳・クートゥアー。“MMA界の鉄人”は、これからも戦い続けることを宣言した。

また、メインに負けない注目のカードとして行われたミドル級の一番、ブラジリアン柔術の技術をオクタゴンのなかで如何なく発揮する“柔術セレブ”デミアン・マイアと、トータルファイターとして、日本のリングでキャリアを重ねたネイト・マーコートによる一戦は、大方の予想に反し、なんと、開始21秒で右ストレートを打ち抜いたマーコートの勝利となった。

その他にも、ライトヘビー級戦線では“現王者”リョート・マチダにMMAキャリア唯一の敗戦を喫したチアゴ・シウバが、キース・ジャーディンを相手に1ラウンドTKOで快勝、その復帰を勝利で飾った。

■UFC102プレビュー
クートゥアー×ノゲイラ、共に抜群の仕上がりか?
メインはUFC×PRIDE、レジェンド対決
柔術=マイア×総合=マーコート戦の愉しみ方

<UFC102:COUTURE vs NOGUEIRA 全試合結果>

第11試合 ヘビー級/5分3R
×ランディ・クートゥアー
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ○
(ブラジル)
第10試合 ライトヘビー級/5分3R
○チアゴ・シウバ
(ブラジル)
1R1分35秒
TKO
詳細はコチラ
キース・ジャーディン×
(米国)
第9試合 ミドル級/5分3R
×クリス・レーベン
(米国)
3R1分30秒
肩固め
詳細はコチラ
ジェイク・ロショルト○
(米国)
第8試合 ミドル級/5分3R
×デミアン・マイア
(ブラジル)
1R21秒
TKO
詳細はコチラ
ネイト・マーコート○
(米国)
第7試合 ライトヘビー級/5分3R
×クリストフ・ソジンスキー
(カナダ)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ブランドン・ベラ○
(米国)
第6試合 ミドル級/5分3R
×エド・ハーマン
(米国)
2R17秒
TKO
詳細はコチラ
アーロン・シンプソン○
(米国)
第5試合 ヘビー級/5分3R
○ガブリエル・ゴンザガ
(ブラジル)
1R2分27秒
TKO
クリス・トゥクシャー×
(米国)
第4試合 ヘビー級/5分3R
×ジャスティン・マッコーリー
(米国)
3R終了
判定
マイク・ルソウ○
(米国)
第3試合 ヘビー級/5分3R
×ティム・ヘイグ
(カナダ)
1R7秒
TKO
詳細はコチラ
トッド・ダフィー○
(米国)
第2試合 ミドル級/5分3R
×ニック・カトーネ
(米国)
3R終了
判定
マーク・ムニョス○
(米国)
第1試合 ライト級/5分3R
×マーカス・アウレリオ
(ブラジル)
3R終了
判定
詳細はコチラ
エヴァン・ダナム○
(米国)