「口ふさいで…」 女子大学生殺人容疑で逮捕の男

写真拡大

 東京・葛飾区の女子大学生が殺害された事件で、逮捕された男が「口をふさいで殺した後、土を掘って遺体を埋めた」などと供述していることが分かりました。

 広瀬晃一容疑者(35)は去年11月20日ごろ、茨城県神栖市で葛飾区の女子大学生・菊池捺未さん(当時18)の鼻や口を手でふさいで殺害した疑いが持たれています。その後の捜査関係者への取材で、広瀬容疑者が「女性の口をふさいで殺した後、近くにあった看板で土を掘って遺体を埋めた」と供述していることが分かりました。菊池さんは司法解剖の結果、窒息死した可能性が高いとみられていて、遺体は神栖市内の畑の土の中に遺棄されていました。警視庁は、広瀬容疑者が衝動的に犯行に及んだとみて詳しい経緯を調べています。