ボストンマラソンで優勝した川内優輝【写真:Getty Images】

写真拡大

最強の市民ランナーが100年以上の伝統誇るボストンマラソンを制す

 男子マラソンの川内優輝(埼玉県庁)が16日、米ボストンで行われたボストンマラソンで2時間15分58秒のタイムで優勝。日本人としての優勝は1987年の瀬古利彦以来、31年ぶりの快挙となった。米メディアも“最強の市民ランナー”の快走を「世界に衝撃を与えた」と称えている。

 大雨に加えて強い風。そんな最悪のコンディションのボストンを、最強の市民ランナーが疾走した。スタートから飛び出し、大逃げする展開。一度は前に出られたが、残り2キロで逆転しそのまま先頭でゴールテープを切ると、目を見開いて、天を仰ぎ歓喜の雨のシャワーを浴びた。

 米スポーツ専門局「ESPN」は「ボストンで優勝したユウキ・カワウチのサプライズ」と題して、特集している。

「彼がゴールのテープを切った時の、目を見開いた壮大な笑顔が印象的だった。ユウキ・カワウチは世界に衝撃を与えた。彼は1987年のトシヒコ・セコ以来、ボストンマラソンを制した初の日本人となった」

 31年ぶりの快挙を、“世界に衝撃を与えた”と称賛と共に伝えている。

悪コンディションの中での涙の優勝、米メディアは「世界に衝撃を与えた」と称賛

「そして、これはカワウチにとって初めてのメジャータイトルだ。そして、日本のフラッグを見た瞬間に、その目に涙が溢れていたことも、印象に残る」

 最強の市民ランナーとして、国内外問わず多くの大会で優勝してきた川内だが、海外の大きな大会での優勝は初めて。レース後には感極まり、思わず涙も流したという。

「厳しい天候状況のため、優勝候補とされていたエリートたちは苦戦を強いられていた。しかし、カワウチを見ると、むしろそんな環境が心地良さそうだった。激しい雨や風も、彼を優勝に導く上で、味方だったのだ」

 川内にとっては悪条件も関係なかった。今年1月には気温マイナス17度という極寒レースに、全身タイツに目出し帽というスタイルで出場。2時間20分切りを果たしていた。

 2020年の東京五輪は目指さないと公言している川内だが、今後もその動向から目が離せない。(THE ANSWER編集部)