吉田鋼太郎 藤原竜也と大ゲンカして2年間も絶縁状態だったことを明かす

写真拡大

4日に放送の「A-Studio」(TBS系)で、吉田鋼太郎が、藤原竜也と大ゲンカした末に2年あまり絶縁状態だったことを明かした。

この番組では俳優の吉田がゲストに登場し、司会の笑福亭鶴瓶らとトークを繰り広げた。トークでは吉田が、仲のよい俳優として小栗旬や藤原の名前を挙げた。彼は以前、蜷川幸雄氏演出の舞台で藤原と共演している。

そんな吉田だが、過去には藤原と2年間ほど口をきかなくなるほどの大ゲンカをしたというのだ。吉田は「絶交状態のことがありましてね」と口を開いたが、どうやら女性絡みのトラブルだったらしい。

藤原本人から聴取した鶴瓶の説明によると、あるとき早朝の5時ごろ、吉田ら役者仲間が酒を飲んでいると、吉田に見知らぬ女性客が近づいてきた。そこで、藤原が冗談で吉田に「またちょっかい出してるの?」とはやし立てた。

その後輩俳優の軽口に、吉田はキレてしまったらしい。言い合いから吉田が「殴れるものなら殴ってみろ!」と吐き捨てると、藤原が殴りかかっていったそうだ。そのケンカは、顔面の踏み合いにまで発展したそうだ。

その後、藤原は交際相手(現在の妻)から、相手は先輩なのだから謝るべきとたしなめられ、彼が謝罪したそうだ。

すると吉田は藤原に歩み寄って強く抱きしめて、謝罪を受け入れたという。しかし、藤原はその態度に逆に「なんだ? こいつ」と一層の怒りを覚え、仲直りには至らなかったという。

その後、吉田が一升瓶を持って謝りにいったそうだが、藤原は受け入れなかったという。そんなふたりを見かねた蜷川氏が「もう、仲直りしなよ」と間に入った。蜷川氏は自身の舞台にふたりをキャスティングすると、1、2日で仲は修復されたとのことだ。

【関連記事】
小栗旬が先輩俳優の吉田鋼太郎からの暖かいコメントに真顔でツッコミ「お前に言われたくねえけどな」
武井咲がプライベートで仲の良い芸能人との交流を明かす
藤原竜也とウエンツ瑛士 ムチャぶりに応えた一般人男性の勇気を称賛