最も強い避難指示で逃げた鹿児島市民は0.3%「大丈夫かなと…」

ざっくり言うと

  • 九州南部の大雨を受け、鹿児島市や霧島市などに最も強い避難指示が出された
  • しかし、59万人の避難対象者のうち、実際に避難したのは0.3%の1800人
  • 家が高台にあるという女性は「家にいても大丈夫かなと思いました」と話した

ランキング