「2 GSM MOBILE」の表記がある中国の携帯電話

写真拡大 (全5枚)

1台の携帯電話で2つの電話番号とメールアドレスが利用できるNTTドコモの「2in1」サービスは"仕事とプライベート"、"メイン用とサブ用”など、電話番号を複数利用したい利用者には便利なサービスだ。諸外国でも同様のサービスはあるが、中国には別の方法でそのサービスを実現する携帯電話が存在するのだ。

■海外にもある"2in1"サービス

"1台の携帯電話で2つの電話番号を利用したい"という需要は海外にも存在する。NTTドコモの2in1サービスは今年始まったばかりだが、数年前から同様のサービスを提供している海外キャリアも多い。利用できるサービスは音声通話とSMSで、日本とは違いメールの利用には対応していない。これは海外では携帯キャリアメールを使うことがほとんどなく、SMSで事足りるため実用上これで十分なのだろう。

この海外版2in1サービスは、どの端末でも利用できる。サービスの利用はコマンド操作、すなわち特定の番号を送信することでコントロールできるのだ。たとえば香港CSLの2番号サービス"Mult-Number Service"では、サービスの開始は"*133#00#"、停止は"*133*00#"に電話をかければよい。2つめの番号だけを留守番電話にしたり、転送したり、サービスの利用状況の確認もすべて同様に"*133"ではじまる番号に電話をかけるだけと、サービスの利用は番号操作ですべて行うことができる。また発信時は2つめの電話番号からかけるときのみ最初に"*02"をつけて発信すればよい。たとえば9876-5432に電話をかける場合は、"98765432"とかければメインの1つめの電話番号からの発信となり、"*0298765432"とかければ2つめの電話番号からの発信となるわけだ。

このように海外版の2in1サービスは携帯キャリアのセンター側でサービスを提供しており、利用する端末を選ばない。市販のどの端末、例えば数年前の古い端末でも利用可能なのだ。一方ドコモのサービスは端末の固有機能となっており、現在は904iシリーズのみしか利用できない。もちろん端末固有機能とすることで2in1機能を携帯電話のメニューから操作できるメリットはあるが、海外のように「どの端末でも利用できる」というサービス形態もユーザーフレンドリーではないだろうか。

海外でもドコモ同様の2in1サービスを提供するキャリアがある

■2枚のSIMカードが同時利用できる中国の携帯電話

一方中国では2in1ではなく、電話番号の記憶されたSIMカードそのものを2枚利用できる"デュアルSIMカード対応端末"が販売されている。1台の携帯電話で2つの電話番号が利用でき、もちろん待ち受けは同時だ。携帯電話の待ち受け画面にはアンテナマークが2つ表示され、また携帯キャリア名も2つ表示される。すなわち2台の携帯電話をそのまま1台に融合した端末なのだ。発信キーは通常の緑色のボタンの他に青いボタンや"2"と記載されたボタンがあり、そちらを使って発信すれば2番目のSIMカードの電話番号から発信される仕組みだ。なお同時待ち受けは可能だが同時着信はできず、通話中にもう1枚のSIMカードの電話番号に電話がかかってきた場合は話し中となる。

最初にデュアルSIMカード対応端末販売を開始したのは中国2位の携帯キャリア、中国聯通/China Unicom(チャイナユニコム)である。同社は中国内でCDMAとGSM、2方式のサービスを行っているが、CDMAにリソースを注力しておりコンテンツ配信など先進的なサービスはCDMA方式のみで提供している。ただし顧客の大半はGSM方式を利用していることや、CDMA方式では国際ローミングエリアが狭いなどの弱点があることから、顧客のCDMA利用促進やCDMAサービスの強化を狙い、両方式を1台で利用できる端末を開発。2004年春から「世界風」という名称でサービスを開始した。世界風対応端末はCDMAとGSM、2つの携帯電話ユニットを搭載しており、それぞれのSIMカードを1枚ずつ、すなわち2枚のSIMカードを装着可能である。またSIMロックはかけられておらず、たとえばもう1枚のSIMカードにライバルキャリアである中国移動/China Mobile(チャイナモバイル)のGSMサービスのものを利用することもできる。

世界風対応端末には専用のロゴプリントされると共に、画面にはアンテナマークが2本立っている(写真はモックアップ)