大也と走輔が初対面!
 - (C)テレビ朝日・東映AG・東映

写真拡大

 19日放送の「爆上戦隊ブンブンジャー」第12話「バクアゲ12 爆上エンジン」に、「炎神戦隊ゴーオンジャー」(2008〜2009)からゴーオンレッド/江角走輔役の古原靖久が出演した。東映特撮ファンクラブ(TTFC)では、本日10時より、古原、ゴーオンレッドのスーツアクターを務めた福沢博文、同エピソードを手掛けた渡辺勝也監督によるオーディオコメンタリー(副音声)が配信されている。

 第12話では、「自身を相棒のもとへ届けてくれ」という炎神・スピードルの依頼を受けたブンブンジャーたちが、突如現れたゴーオンレッドと共にハシリヤンと戦う展開が描かれた。「ゴーオンジャー」のパイロット監督を務めた渡辺監督が手掛けることは発表されていたが、ゴーオンレッドに変身する走輔の登場は、オープニングテロップで初めて明かされた。

 オーディオコメンタリーでは、第12話を盛り上げた古原、福沢、渡辺監督が走輔の装いやアドリブシーンなど、旧知の間柄だからこそできる裏話で盛り上がる。「ゴーオンジャー」時代の懐かしい話も飛び出すなど、当時のファンも必見の内容となっている。(編集部・倉本拓弥)