写真はイメージです(以下同)
 愛の国、フランス・パリからやってきたFさんは、来日してはや10年。現在は日本人の奥さんとの間にお子さんも生まれ、郊外に一軒家を建てて暮らしています。

 フランスにいたときから大の日本フリークだったFさんですが、実際に日本に来て驚いたこともしばしば。中でも日本人女性との夜の営みには戸惑いもあったそうです。

◆日仏で違う? 行為中のふるまい

「僕は“ヤリモク”みたいな悪い男じゃないけど、日本人女性とはセックスまでの道のりが長いように感じたよ。何度もデートを重ねないとたどり着けない。その点、フランスではなんとなくいい感じだなと思ったら、初めてのデートや2回目のデートでも『セックスしよう!』となるんだ」

 よく「日本人女性はすぐにセックスさせてくれる」という外国人男性たちによる悪い評判を目にしますがFさんの感想はその真逆なことに驚きです。そしてようやくセックスにたどり着いても、Fさんはまたまたびっくりするのだそうです。

「どうして彼女たちはセックスのときに何もしないの? ただベッドの上で寝そべっているだけなんだ」

 どういうことかたずねると、そこには日仏の違いが垣間見えました。

「日本人の女の子はセックスの最中に僕の指示を待っているだけで、ベッドの上で何もしない。だから僕が『アレして、コレして』といちいちお願いしなくちゃいけなくて、すごくめんどくさかったな」

◆日本人女性はベッドにこだわりすぎ?

 Fさんいわく、フランス人はセックスの最中、相手になにを望んでいるかを言葉や仕草で伝えるので、とてもスムーズにことが運ぶのだといいます。日本人女性が受け身な理由を、Fさんはこう考えます。

「経験値が少ないんじゃないかな。いざ僕がリクエストしても『そんなことやったことないから』って拒絶されることも多いんだ。僕は別に変態みたいな特殊なことをリクエストしているんじゃないよ!」

 語気を強めるFさん。なんでもフランス人は性についてとても好奇心旺盛なのだそう。未経験なプレイも少しでも興味があったら挑戦してみるのだとか。

「別に場所はベッドの上だけじゃなくていいんだ。日本人は“寝室のベッド”というのにこだわるけど、キッチンや、リビングの床の上だって、二人が盛り上がって、そういう場所ですることに興味があったらしてみればいいじゃない!

 それに入れる場所だって一つじゃないでしょ? その場で盛り上がって、お互いが乗り気なら3人でしてもいいと思う。要は興味があったら何でも挑戦してみて、セックスの楽しみ方を増やしたら良いんじゃないのかな」

 実際、日本人の中でも、経験値を重ねたであろう30〜40代女性の中には積極的に求めてくる人もいたのだとか。Fさんにとってはそういうセックスが楽しく、トレ・ビアン! だと感じたそうです。

◆良かれと思ってやっていることも…

 さらにFさんは、日本人女性がもしかしたら良かれと思ってやっていることに戸惑っているのだとか。

「不思議に思うのが、みんな喘ぎ声がとても大きいこと。ちょっとうるさいと感じてしまったよ」

 不満ばかりが飛び出してしまいましたが、日本女性の魅力を聞いてみました。

「日本人女性は“キレイ”というイメージがあるよ。特に黒くてまっすぐな髪が素敵だね。初めて見たときはとても感動したよ!」

 いくら女性が昔より開放的になったといっても、頭の片隅に「女性は奥ゆかしくあるべき」という考えがちらついて、セックスにブレーキをかけてしまう女性も多いのではないでしょうか。

 ときには好奇心と欲望のままにセックスを楽しんでみたら新しい扉が開けるのか!? もちろん避妊はお忘れなく!
<取材・文/おまたひろこ>