先制弾の松木。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 U-23日本代表は現地4月16日、カタールで開催されているU-23アジアカップ(パリ五輪のアジア最終予選を兼ねる)のグループステージ初戦で中国と対戦している。

 立ち上がりから押し気味に進める日本は8分、さっそく先制点を奪う。右サイドからの崩しで、山田楓喜のクロスに反応したのは松木玖生。自慢の左足で押し込んだ。
【動画】山田楓喜のクロスから松木玖生が先制弾!
 試合を中継する『DAZN』で解説を務める元日本代表MFの水沼貴史氏も「完璧だ」と感心するほどのファインゴールだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部