ミラン、NBAスタイルのピッチサイドシートを導入!こんな感じだった

写真拡大 (全2枚)

ミランは12日に行われたローマとの同国対決となったUEFAヨーロッパリーグ準々決勝1stレグに0-1で敗れた。

ただ、サン・シーロで行われたこの一戦で、新たな取り組みをしていたようだ。

ピッチに非常に近い新シートを導入。新たなスタジアム体験として「Club 1899 Front Row Experience」を提案したのだ。

『BBC』によれば、ミランはバスケットボールの最高峰であるNBAを参考したとか。「NBA体験」を再現するためにNBAスタイルのピッチサイドシートを導入したとのこと。

この新しい席はバスケのコートサイド席からヒントを得たもので、ピッチを「これまでで最も近く」見ることができるそう、さらにパッド入りのシートやプライベート・コンシェルジュなどの特典もある。

PSG時代にNBAを観戦したネイマールら

NBAではセレブたちが最前列に陣取る姿がよく見かけるが、ミランもゲストとして有名ラッパーらを招待していた。

大谷翔平は世界1位じゃない!1年あたりの世界最高給アスリート王

ただ、ミランはミラノ市南部に7万人規模の新スタジアムを建設する計画があり、サン・シーロでこの席を楽しめる機会は限られているかもしれないという。ちなみに、この試合には75,023人が駆けつけている。