「今の独り言?」娘の意味深な言葉にとまどう母|夏休み明けの登校しぶり【ママリ】

写真拡大 (全9枚)

この物語は、自閉スペクトラム症で特別支援学級に通う娘を持つマミヤ(@mamiyang83)さんの実体験です。長期休み明けに不登校になる子どもがいるといいます。子どもが学校に行くことを嫌がり、悩んだ経験のある方はいるのではないでしょうか。登校を嫌がる子どもとの向き合い方について考えさせられるお話です。楽しい夏休みを終えたマミヤさんの娘は、2学期が始まると学校で腹痛を訴えるようになりました。一度は不登校になりかけつつも、学校に行けそうと言い出す娘ですが…?『夏休み明けの登校しぶり』第11話をごらんください。

©mamiyang83

©mamiyang83

©mamiyang83

©mamiyang83

©mamiyang83

©mamiyang83

もう学校に行けないかもしれないと思いながら、娘を学校に送り出した日。学校を終えた娘は、明るい表情で帰ってきて「来週から学校に行ける」と言い出しました。

娘の予想外の発言にマミヤさんはおどろきながらも、ホッと一安心したことでしょう。しかし、娘の発言に気になる部分はあるようです。

登校しぶりは、子どもの心を最優先に

©mamiyang83

©mamiyang83

夏休みなどの長期休みを終えた時期に、不登校になる子どもがいます。もしも自分の子どもが「学校に行きたくない」と言ったら、親はどのように接すればいいのでしょうか。

子どもが学校に行きたくないときは、親が思う以上に子どもの心が疲れていたり、傷ついていたりします。決してサボりたくて学校に行きたくないわけではなく、心の疲れや傷から、体に異常が出てしまうのです。わが子がそんなSOSを発したとき、マミヤさんは自身の体験から「学校に無理やり登校させるのは逆効果」と考えます。

子どもが学校に行きたくないと言ったら、その気持ちに寄り添い、話を聞くことが大切です。「あなたのことが心配」ということを子どもに伝えつつ、心の充電期間を設けることも必要なのかもしれません。子どもによって心の状態や不登校のきっかけは違うため、対応に正解・不正解はありません。親としては不安が募るものですが、学校や家族、周囲の親などと連携しながら、わが子にとってよい環境を作り上げていきたいですね。

記事作成: lilyco_cw

(配信元: ママリ