『赫い髪の⼥』(79)、『キャバレー⽇記』(82)など⽇活ロマンポルノの名作や、『遠雷』(81)、『W の悲劇』(84)、『ヴァイブレータ』(03)、『共喰い』(13)など数多くの脚本を⼿がけてきた荒井晴彦が、主演に綾野剛、共演に柄本佑、さとうほなみを迎えた映画『花腐し』が公開中です。

【あらすじ】斜陽の⼀途にあるピンク映画業界。栩⾕(くたに)は監督だが、もう5年も映画を撮れていない。梅⾬のある⽇、栩⾕は⼤家から、とあるアパートの住⼈への⽴ち退き交渉を頼まれる。その男・伊関は、かつてシナリオを書いていた。映画を夢⾒たふたりの男の⼈⽣は、ある⼥優との奇縁によって交錯していく。

本作で祥子を演じたさとうほなみさんにお話をお聞きしました。

――本作での祥子、本当に素晴らしいお芝居でした。まずこの作品に参加された時のお気持ちを教えてください。

私はオーディションで選んでいただきました。荒井監督が脚本と監督を両方やられるということを聞いて、『火口のふたり』を観ていたこともありぜひ参加させていただきたいと思いました。『火口のふたり』は当時関係者試写会で拝見して、最後の方の展開に驚きすぎて「えっ!?」と、声を出してしまったんですよね。その声で、色々な方の集中力を切らしてしまっていたら申し訳ないなと思って、「試写中に声を出してすみませんでした」って謝りにオーディションに行きました(笑)。

――そこまで作品にのめりこめていたということですから、監督も嬉しかったのではないでしょうか。オーディションではどの様なことをしましたか?

2つのシーンについて台本をいただいて、そのうちの1つが栩⾕との出会いを描いた雨が印象的なシーンでした。『花腐し』を表すシーンというか、映画の中でも重要な場面だと思うので、そこがピックアップされたのだと思います。たった2つのシーンに、すごい情報量を感じました。酒、酔った男女、雨、ザリガニ、傘、ピンク映画…みたいな。これを全部混ぜると、このセリフになるんだ、これだけでも盛りだくさんだなと。

私の時は3人1組でのオーディションだったのですが、そのシーンを栩⾕役の俳優さんと実際に演じて、「このシーンについてどう思いますか?」なんていうお話もして。荒井さんに「祥子は暗い女だと思っているんだけれど、あなた明るいじゃない?」と言われて、内心(落ちた……)と。役に合っていないと言われている様なものじゃないですか。でも、その後もう一度オーディションに呼んでいただいて、確か芝居をしたんだと思います。そして正式に決めていただいたのですが、その時の話を監督にしたら「最初からほなみに決めていたよ」と仰って、いや、2回呼んでるじゃないか!って思いました(笑)。

――いち観客として、ほなみさんの祥子を観ることが出来てありがたいです。

ありがとうございます。オーディションなので、もう当たって砕けろというか、思い切りやってやれ!って感じでしたね。

――そこから本番では、祥子という役についてどの様に演じようと考えましたか?

監督は祥子のことを「暗い女」と表現していましたけれど、祥子って芯がある様でいて、人に流されやすかったりして、その上で頑固なんですよね。自分より目上であったり、権力を持っている相手には逆らえない所もあって。でも、別れてから何年も経った男性たちに「いい女だったよね」と言われる。私は最初、そのことにすごく矛盾を感じていました。どの部分を見て「いい女」だと言っているんだろうと考えた時に、料理が上手いからいい女とか、そういうシンプルなことではなくて、その時々の祥子のさりげない動作や言葉が思い出となって「いい女」になっているのかなと。そういう考えに辿り着いてからは力が抜けて、気を張りすぎずに演じようと思えました。

――おっしゃるとおり「こうだからこう!」と明確な答えがあるのではなく、栩⾕と伊関にとって、確実に祥子はいい女として存在していた。そんな部分に人間の面白みを感じました。綾野さん、柄本さんとの共演はいかがでしたか?

綾野さんはすごく人を見ていらっしゃるというか、スタッフさんや現場のことにしっかり気を配っている。技術面でもたくさんリードしてくださいましたし、心強い存在でした。柄本さんはとても自然体な方で、現場でも楽しく雑談しているのに、気がついたら役に入り込んでいらして。今日みたいにインタビュー取材などで再度お会いした時に、柄本さんは映画がとても好きなので面白い知識がたくさんあって、「これはあの作品へのオマージュなんだ」とかもサッと言っていたので、たくさん映画について教えていただきたいです。

――先日柄本さんにお話を伺う機会があったのですが、「ほなみさんは物怖じしない肝の座った方だ」といったことをおっしゃっていました。「たくさんの人の前で演奏されているしすごい」と。

あはは、本当ですか?これからもたくさんドラムを叩いていきたいと思います(笑)。緊張はしないほうなのですが、でも気付かないうちに体に支障をきたすタイプです。今こうしてお話していて気付いたんですけれど、今ずっと指のささくれをむいていて(笑)。気付いていないけど緊張していたんだなって。

――本番になると無意識にグッとスイッチを切り替えていらっしゃるのかもしれませんね、本当にカッコ良いです。ぜひたくさんの方にほなみさんの熱演を味わってほしいなと思います。

祥子が伊関と過ごした時は、苦しい出来事もありながらも希望に満ち溢れていた時期ですが、栩谷と一緒の時は、辛い時間がとても多いんですよね。だんだん鬱屈していく祥子を演じることは、私自身も辛かったです。この登場人物たちの関係性は観客にしか見えない部分があるので、そこを楽しみつつ最後までしっかりと観ていただけたらうれしいです。そして主役は「雨」かな、とも思います。とにかく雨に降られていますので、頑張ってびしょ濡れになって撮影したんだなと、雨の表情にも注目していただきたいです。

――今日は素敵なお話をありがとうございました!

撮影:SAKI.L

『花腐し』
出演:綾野 剛 柄本 佑 さとうほなみ 
吉岡睦雄、川瀬陽太、MINAMO、Nia、マキタスポーツ、山崎ハコ、赤座美代子/奥田瑛二
監督:荒井晴彦 
原作:松浦寿輝『花腐し』(講談社文庫) 
脚本:荒井晴彦 中野太

製作:東映ビデオ、バップ、アークエンタテインメント 
制作プロダクション:アークエンタテインメント 配給:東映ビデオ 
2023年/日本/137分/5.1ch/ビスタ/モノクロ・カラー/デジタル R18+ 
(C)2023「花腐し」製作委員会 
公式HP:hanakutashi.com Twitter:@Hanakutashi1110