「かわいい」だけじゃない、ねこのリアル

写真拡大

R&C(東京都港区)は2023年2月16日、「猫にかかる費用」の調査結果を発表した。猫の平均寿命15歳を基準に、食費や治療費も含めて一生にかかる費用を計算したもの。

猫を迎えるときにかかる「初期費用」、医療費や冷暖房費を「ときどきかかるお金」、食費やトイレ代の消耗品を「日常的にかかるお金」として分類し、各費用を合計すると264万6956円になる。これは猫が15年生きると仮定した場合の金額だ。

冷暖房費も大きな出費

調査は、2022年12月26〜27日に実施。21年以前より猫を飼っている20〜60代の男女3000人が回答した。

費用のうち最も高いのは「食事代(おやつ含む)」で、ひと月3515円、生涯では64万4885円だ。さらに、猫が病気にかかると、「療法食」と呼ばれる栄養バランスが調整された高額なフードが必要な場合もある。

その次が、病気やけがの「医療費」となり、生涯で46万8419円の計算だ。猫の健康状態や個体差にもよるが、人間のような公的医療保険が存在しない。また、さまざまな病気を防ぐワクチンの費用は医療費とは別で集計され、生涯で6万7856円となっている。

冷暖房費も大きな出費だ。7〜9月の間だけ冷房を使うと仮定した場合、ひと月で5592円、生涯では26万2038円になる。冬場の暖房費はさらに金額が上がり、12〜3月の間はひと月6295円、生涯で39万3363円の計算だ。

このほか、猫のいたずらや事故によって、予想外の出費を経験した人の意見も寄せられた。高額になると、脱走防止の格子を10万円で設置した人や、迷子になった猫を探すための探偵やチラシ代に40万円かかったという人もいた。