近年、顔出しをする風俗嬢が急増しているという。8月10日に放送されたABEMA「給与明細」では、風俗嬢たちが顔出しをする理由について赤裸々に語った。

【動画】顔出し風俗嬢が急増「恥ずかしいから顔を隠すとか思っていない」

 横浜の風俗店「ラブラブコレクション」に勤務し、総勢800人のグループでNo.1として活躍する愛咲ひめのは、「どこのサイトを見てもとても可愛い子がいっぱいいる。なので私の中では、顔を出すのが普通だと思っていて」と主張。「恥じてるとかはなくて、誇りを持って仕事をしているので、恥ずかしいから顔を隠すとか私は思っていないんですよね」と、仕事に対する熱意を見せた。

 また風俗で働くことを公言しながら現役アイドルとして活躍する山村茜は、「風俗のお仕事をやっていると、自分のことを卑下してる女の子とかが結構いて」と風俗業界で働く女性がネガティブな感情を抱きがちであることを指摘。「出れる人だけでも前に出て発信したり、風俗嬢もこんなことやっていいんだよみたいな」と、他の女性がポジティブになれるよう自ら進んで顔出しを行っていることを明かした。

 YouTubeチャンネル『ホンクレch』で活躍する風俗嬢・すーちゃんは、もともと会社員として働いていたこともあり当初は鼻を絆創膏で隠していたという。しかし「それが足掻きだということに気づいてきて。絆創膏もすぐに取れちゃうし(……)どこかのタイミングで絆創膏つけるのを忘れちゃったんですよ。そのままフルで撮影しちゃって、また撮り直してとも言えないから、そのまま上げたらどうでもよくなっちゃって。別に悪いことしているわけじゃないですし」と、顔出しするきっかけとなったエピソードを披露した。

 同じく『ホンクレch』でYouTuberとしても活躍する風俗嬢・まりてんは、もともと風俗店経営者だった。「風俗業界の関係者に向けて(新規店舗についての)講義をする機会があって。その時に、顔を隠して偉そうなこと言っても何も説得力がないやと思って。別に悪いことをやっているわけではないし、むしろ自分のやっていることには誇りを持っているから、顔出しをして発言をしたほうがいいだろうなと思って」と、顔出しするに至った経緯を告白した。
(ABEMA/給与明細より)