ウクライナ・チェルノブイリ原発から半径30キロ圏内で広がる森林火災(2020年4月5日撮影)。(c)Yaroslav EMELIANENKO / AFP

写真拡大

【AFP=時事】(更新)ウクライナ政府は6日、世界最悪の原発事故が起きた同国チェルノブイリ(Chernobyl)周辺の居住禁止区域で、森林火災により放射線レベルが急上昇したとした当局者の主張を否定した。

 火災は4日に発生し、チェルノブイリ原発に近い森林地帯に燃え広がった。政府は航空機2機とヘリコプター1機、消防士約100人を出動させ、現在も消火作業に当たっている。

 同国生態学調査当局のトップ、エホール・フィルソフ(Yegor Firsov)氏は5日、「火災の中心部で、放射線量が通常値を超えている」とフェイスブック(Facebook)に投稿。放射線測定器のガイガーカウンターが通常の16倍の放射線量を示す動画も公開した。

 だが緊急当局はAFPに対し、大気中の放射線量の上昇は検出されていないと説明。居住禁止区域の管理を行う政府機関も、火災現場のガンマ線量は通常の水準を超えていないと発表した。

 フィルソフ氏も6日、自身の発表を撤回。フェイスブックへの投稿で、火災現場で人工放射性核種は検出されなかったと説明した。

 チェルノブイリ原発では1986年4月、4号炉が爆発して欧州の広範囲を汚染。原発周辺は最大の影響を受け、半径30キロ圏内への居住は禁止されている。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
立ち入り禁止区域で自撮りに夢中、チェルノブイリに観光客急増
ロシアのミサイル実験場事故、基準値の16倍の放射線を一時示す
【写真特集】チェルノブイリ原発、事故から30年(2016年)