“電話中”?の杉田水脈議員に平石アナ「自分ではないのなら”私じゃありません”と言えばいい」

写真拡大 (全5枚)

 22日の衆議院本会議での、国民民主党の玉木雄一郎代表による代表質問の際のことだった。玉木代表が「20代の若い男性から相談を受けました。交際中の女性から“姓を変えないといけないから結婚できない”と言われたそうです」と、「選択的夫婦別姓」の導入を訴えたとき、「だったら結婚しなくていい」というヤジが飛んだのだ。
 
 議場は一時騒然。出席していたある議員は、ヤジの声の主が自民党の杉田水脈衆議院議員ではないかと推測。杉田議員といえば2018年、LGBTに関する寄稿が批判を浴びた人物だ。真相を質そうとする報道陣に対し、杉田議員は終始“電話中”で、問いかけをスルー。 野党側は「誰がヤジを飛ばしたのか」を確認するよう与党側に要求、与党側は事実を確認する考えを示している。

 玉木代表は「非常にショックだったし、こういう自民党に任せていたから、今のような少子化が止まらなかった」とコメント。立憲民主党の蓮舫副代表も「今の少子化が進んでいることに対して目を逸らし、古い古い古い価値観に縛られている人たちは正しくないんだと言える国会にしっかりしていかなければいけない」と厳しく批判している。

 東京都議会で2014年、自民党所属の都議から「早く結婚した方がいい」とのヤジを浴びた経験を持つ立憲民主党の塩村あやか参議院議員は、「私がヤジを受けた時から、自民党の体質は何も変わってないんだと思う。残念だ。政策に対し、おかしい時は“おかしい”というヤジを飛ばすのはいいと思う。しかし、個人の尊厳や多様性を否定するようなヤジは絶対飛ばしてはいけない」と話す。
 

 「言いにくいことだが、一般の有権者の方たちよりも一段、二段いい生活をしている人が多いのが国会だし、層の厚いレンジの人たちの意見が持ち込まれるので、やっぱり一昔、二昔、遅れてしまう。特に結婚の話は、かなり考え方が変わってきている。20年前の考えで国会を運営していては、それこそ時代に取り残された国になってしまう。しかさいそのような問題に気付かなくていいところで選挙ができているのがおそらく今の与党で、町会、自治会のコアな人たちをしっかり抑えれば、投票率が低いので、それで当選してしまう」。
 

 テレビ朝日の平石直之アナウンサーは「塩村さん時のヤジは、個人に対するものだった。しかし今回のヤジは玉木さんではなく、制度に対するヤジだ。そういう主張があるのなら堂々といえば良いと思う。杉田議員も、自分ではないのなら”私じゃありません”と言えばいいし、言ったのなら“後で意図を説明します”とだけでも言えばいいのに、ずっと電話をしている素振りだ。事務所も“確認中”としているが、言ったのか言っていないのか、それだけだ。しかも一般人はなく国会議員。こうして本人がいない状態で議論するのもおかしいが、過去の騒動の際には出演依頼をしても出てこなかった」と憤っていた。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)