5月15日夕方、レコーディングを終えて帰宅する島谷とO社長(左)。この後、二人で彼女の部屋へ向かった

写真拡大

5月15日夕方、レコーディングを終えて帰宅する島谷とO社長(左)。この後、二人で彼女の部屋へ向かった

 深夜0時を少し回ったころ、洒落たマンションの前に一台のタクシーが停まった。帰宅時間を知らされていたのだろう、エントランス前でロングヘアの美女が腕を組んで立っている。支払いを終えてタクシーから中年男性が降りると、美女が駆け寄り、笑顔で何かささやく。そしてそのまま、寄り添うようにしてマンション内へ入っていった。

 この美女の正体は島谷ひとみ(38)。17年前、『亜麻色の髪の乙女』を大ヒットさせた歌手である。玉木宏(39)など、大物俳優をとりこにしたあの美貌は、アラフォーとなったいまも、いささかも衰えていない。そんな彼女が甘〜い素顔でお出迎えした、この男はいったい……!?

「元バンドマンで実業家のO社長です。父もミュージシャンで母は女優というサラブレッド。島谷の所属事務所のグループ会社の代表も務めていて、彼女のマネジメントとプロデュースに携わっていくなかで親密になったと聞いています」(芸能プロ幹部)

 たしかに島谷とO社長はほぼ毎日、一緒にいる。昼過ぎに二人が時間差でマンションから出勤する姿を目撃したかと思えば、夕方、島谷の愛車ビートルでO社長が帰宅する場面にも遭遇。ほとんど同棲状態なのだ。ディナーを終え、O社長と一緒に帰宅した島谷を直撃した。

――Oさんと交際されていますね。

「いや、してないです。彼は私のマネージャーなんです。だからたぶん、違うと思います」

――Oさんは島谷さんの部屋にあがっていましたが……。

「いま、お風呂を直してもらっていて」

――Oさんに、ですか!?

「はい。いろいろ、家の壊れているものを直してもらっているんです」

――Oさんはほぼ毎日、来ていますが。

「まあ仲良く、打ち合わせとかいろいろ」

――まだ、お付き合いはされていない?

「はい! まだ『されていない』です」

――「まだ」ということは……。

「わからないですね。大人同士なので」

 タレントと担当マネージャーとの恋はご法度だが、「二人ともいい大人なので、事務所としては本人たちに任せる方針だそうです」(島谷の知人)。

 公私両面で支えてくれるパートナーがいるから、彼女は輝き続けられる。それがわかっているから、周囲も祝福するのだろう。

 5月24日発売のFRIDAY最新号では、島谷ひとみへの直撃の詳細、島谷とO氏との関係についても詳報している。またFRIDAYデジタルGOLDでは、直撃取材の動画を公開中。

PHOTO:川上孝夫

詳細の書かれた本誌記事は コチラ