旅行先の画像や料理画像テロ、飲み会で盛り上がってます画像などの「リア充」感満載なSNS。リア充感を出すためにわざわざ美味しいものを探しに行ったり出かけてみたりで却って「リア充」を演じるのに疲れてしまった人もいるかも。そんな人たちに向けた、イケてない自分をさらけ出し“ヤバイね!”を集めるSNSアプリ「unstarclub(アンスタクラブ)」(iOS版のみ)がエイトリンク株式会社から2018年12月3日に正式リリースされています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 インスタ映えや、他人にいいところを見せたい、背伸びしたい気持ちからくる「SNS疲れ」という言葉がSNS上でも飛び交い、アカウントを作っては消し、作っては消し……を繰り返してしまう人もちらほら見かけますが、「unstarclub(アンスタクラブ)」では、そんな「いいカッコしい」とは無縁。「非リア充」な人も「リア充」を演じてる人も、みんな素直になれる、心の声のはけ口として使えるアプリです。

 アプリの特徴として、

(1) 写真とタイトルとエピソードをアップするSNS
記事にアップするのは、「1枚の写真」と「10文字以内のタイトル」と「エピソード」を投稿するだけのシンプルな作りです。自虐ネタやエピソードを簡単に気軽にアップできます。

(2) 基準は「いいね」ではなく「ヤバイね」
ほとんどのSNSアプリにある、投稿に関しての気持ちを表す「いいね」ボタン。unstarclubは「いいね」ではなく「ヤバイね!」になります。「ヤバイね!」を押された数のランキングも出ます。それ以外にも、通報ボタンとして「リア充ぶってます!」のボタンもあります。

(3) 他のSNSと連動などしていない完全な密室アプリ
他のSNSと連動していないので、知人などと繋がる心配もありません。普段、無理してイケてる自分を演じている人も、unstarclubで本当の自分をさらけ出して息抜きすることもできます。

 ツイッターでもインスタでも、付いているボタンはいいねがほとんど。唯一フェイスブックだけが多彩な顔文字でいいね以外のボタンを押す事ができますが、いいねを押せない内容の時にいいねを付けるのは気が引ける、でもコメントするほどでもないけど見ている事は伝えたい。そんなシャイな人にもunstarclubはいいかもしれませんね。

 対応機種/OSは iOS 10.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。価格は無料。

情報提供:エイトリンク株式会社

(梓川みいな)