米の学術誌で論文を発表 20光年先に漂う「浮遊惑星」が存在

ざっくり言うと

  • 「浮遊惑星」とみられる天体が20光年先に存在すると、米学術誌で発表された
  • 恒星を周回せずに宇宙空間を漂い、質量は太陽系最大の木星の12.7倍だという
  • 磁場の強さも木星の200倍以上で、表面温度は815度を超えるそうだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x