300台の豪華キャンピングカーがズラリ(千葉・幕張メッセ)

写真拡大 (全5枚)

 時間とお金が許すならば、豪勢なキャンピングカーでも購入して日本全国を旅したい――。こんな夢を抱いている人もいるだろう。

 日本のキャンピングカー総保有台数は8万500台(日本RV協会調べ)で、2012年の年間売上は前年比33.6%増となる過去最高の281億円を記録している。

 2月7日〜11日まで幕張メッセ(千葉県千葉市)で開かれている「ジャパン キャンピングカーショー2014」は、そんなキャンピングカー人気を象徴するかのように、過去最高の300台を超える専用車両がズラリ。

 キッチンやソファー、ベッド、トイレなど車中泊仕様に改装された“移動ホテル”の数々は、まるでモデルルームのよう。内装の隅々まで見て回る人たちの姿が目立った。

 昨年、定年退職を迎えたという60代男性は、トヨタの「ハイエース」や日産の「キャラバン」など国産ワンボックス車をベースにした“バンコン”の購入を検討しているという。

「妻と2人で全国各地を訪れ、地元の食材を車内で調理しながら旅したいねと話しています。1回のくるま旅はせいぜい1週間ぐらいでしょうが、本格的なキッチンとできるだけ広いベッドを……なんて考えていたら、ワンボックスより大きなサイズの車のほうが快適なのかもしれませんね」

 実はここ数年のキャンピングカーブームは、ミニバンや軽など小回りの利く改装車が市場を牽引し、あくまでアウトドアの補助的役割に使う人が多かった。

 だが、前出の日本RV協会の調査によれば、トラックの後部に居住部分を架装した「キャブコン」やマイクロバスをベースにした「バスコン」など、車両サイズが大きく生活スペースとしても充実したキャンピングカーの出荷台数が大幅に伸びてきたという。

 フル装備の大型キャンピングカーともなれば、やはり気になるのは価格帯だ。

 会場内には1000万円以上する車も多数展示されていたが、ユーザーはたとえ高額な車両でも機能性重視で購入を考えている。

「景気回復基調もあり、ユーザーの高級志向は高まっています。広い室内でホテルのベッドルームを思わせるような豪華内装仕様車や、釣りやガーデニングなど趣味仕様にした車などが注目されています。

 すでにキャンピングカーに乗っているユーザーに買い替える場合の価格帯を聞いたところ、800万円台をトップ(10.8%)に500万円台、700万円台と比較的高額な車両への関心が高まっています。1000万円以上の車を買いたいと思っている人も2割を超えています」(日本RV協会担当者)

 どうやらキャンピングカー業界にもアベノミクス効果が表れているようだ。この勢いが続けば、「2台目にキャンピングカー」なんて乗り分けるユーザーが増えるかもしれない。